Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第140話(巻12・第4話)内記上人、法師陰陽師の紙冠を破る事

内記上人破法師陰陽師紙冠事

内記上人、法師陰陽師の紙冠を破る事

内記上人、寂心といふ人ありけり。道心堅固の人也。堂を造り、塔をたつる。最上の善根也とて、勧進せられけり。材木をば、播磨国に行てとられけり。

ここに法師陰陽師、紙冠をきて祓するをみつけて、あはてて馬よりおりて走よりて、「なにわざし給、御房ぞ」ととへば、「祓し候也」といふ。「なにしに紙冠をば、したるぞ」ととへば、「祓戸の神達は法師をば忌給へば、祓する程、しばらくして侍也」といふに、上人声をあげて大に泣て、陰陽師に取懸れば、陰陽師、心えず仰天して、祓をしさして、「是はいかに」と云。祓せさする人も、あきれて居たり。

上人、冠を取て、引破て、泣事限なし。「いかにしりて御房は仏弟子と成て、『祓戸の神達にくみ給』といひて、如来の忌給事を破て、しばしも無間地獄の業をばつくり給ぞ。誠にかなしき事也。ただ寂心を殺せ」といひて、取付て泣事おびただし。陰陽師のいはく、「仰らるる事、尤道理也。世の過がたければ、さりとてはとて、かくのごとく仕也。しからずば、何わざをしてかは、妻子はやしなひ、我命をも、続はべ侍らん。道心なければ、上人にもならず。法師のかたちに侍れど、俗人のごとくなれば、後世の事いかがと、かなしく侍れど、世のならひにて侍れば、かやうに侍なり」といふ。上人の云やう「それはさもあれ、いかが三世如来の御首に冠をば着給。不幸にたへずして、か様の事し給はば、堂作らん料に、勧進しあつめたる物共を汝に与ん。一人菩提勧れば、堂寺造に勝れたる功徳也」といひて、弟子共をつかはして、材木とらんとて、勧進しあつめたる物を、みなはこびよせて、此陰陽師にとらせつ。

さて、我身は京に上給にけり。

text/yomeiuji/uji140.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa