Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第139話(巻12・第3話)慈恵僧正、受戒之日を延引の事

慈恵僧正延引受戒之日事

慈恵僧正、受戒之日を延引の事

慈恵僧正、1)座主の時、受戒行べき定日、例のごとく催儲て、座主の出仕を相待之所に、途中より俄に帰給へば、共の物共、「こはいかに」と心えがたく思けり。衆徒、諸職人も、「これ程の大事、日の定たる事を、今と成てさしたる障もなきに、延引せしめ給事、然べからず」と謗ずる事限なし。諸国の沙弥等まで悉参集て、受戒すべきよし、思ゐたる所に、横川小綱を使にて、「今日の受戒は延引也。重たる催に随て行はるべき也」と仰下しければ、「何事によりて、留給ぞ」ととふ。使、「またく其故をしらず。ただ、『はやく走向て、此由を申せ』と斗の給つるぞ」と云。集れる人々、をのをの心えず思て、みな退散しぬ。

かかる程に、未の時斗に、大風吹て、南門俄に倒れぬ。其時人々、「此事あるべしと、兼てさとりて、延引せられける」と思あはせけり。「受戒行われましかば、そこばくの人々、みな打殺されなまし」と感じ、ののしりけり。

1)
割注「良源、永観三年正月三日入滅七十三歳近江国人也」
text/yomeiuji/uji139.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa