Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第138話(巻12・第2話)提婆菩薩、竜樹菩薩の許へ参る事

提婆菩薩参竜樹菩薩許事

提婆菩薩、竜樹菩薩の許へ参る事

昔、西天竺に龍樹菩薩と申上人まします。智恵甚深也。

又天竺に提婆菩薩と申上人、龍樹の智恵深きよしを聞給て、西天竺に行向て、門外に立て、案内を申さんとし給処に、御弟子、外より来給て、「いかなる人にてましますぞ」ととふ。提婆菩薩答給やう、「大師の智恵ふかくましますよし、うけ給て冷難をしのぎて、中天竺よりはるばるまいりたり。このよし申べきよし」の給。

御弟子、龍樹に申ければ、小箱に水を入て出さる。提婆、心え給て、衣の襟より針を一取いだして、此水に入て返し奉る。これをみて、竜樹、大に驚て、「はやくいれ奉れ」とて、房中を掃清めて入奉給。御弟子、「あやし」と思やう、「水をあたへ給事は、遠国よりはるばると来給へば、疲給らん、喉潤さんためと心えたれば、此人、針を入て返し給ふに、大師、驚給てうやまひ給事、心えざる事かな」と思て、後に大師に問申ければ、答給やう、「水をあたへつるは、『我智恵は、小箱の内の水のごとし。しかるに汝、万里をしのぎて来る。智恵をうかべよ』とて水をあたへつる也。上人、空に御心を智て、針を水に入て返す事は、『我、針斗の智恵を以て、汝が大海の底を極ん』と也。汝等、年来随逐すれども、此心をしらずして、これをとふ。上人は始て来れども、我心をしる。これ智恵のあると無と也」と云々。

則、瓶水を写ごとく、法文をならひ伝給て、中天竺に帰給けりとなん。

text/yomeiuji/uji138.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa