Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第135話(巻11・第11話)丹後守保昌、下向の時、致経が父に逢ふ事

丹後守保昌下向ノ時致経ガ父逢事

丹後守保昌、下向の時、致経が父に逢ふ事

是も今は昔、丹後守保昌、国へ下ける時、与佐の山に白髪の武士一騎あひたり。

路のかたはらなる木の下に、うち入て立たりけるを、国司の郎等ども、「この翁、など馬よりおりざるぞ。奇怪也。とがめおろすべし」といふ。ここに国司のいはく、「一人当千の馬のたてやう也。ただにはあらぬ人ぞ。とがむべからず」とせいして、うち過程に、三町ばかり行て、大矢の左衛門尉致経、数多の兵をぐしてあへり。

国司、会尺する間、致経が云、「ここに、老者や一人逢たてまつりて候つらん。致経が父、平五大夫に候。堅固の田舎人にて、子細をしらず、無礼現じ候つらん」と云。致経過て後、「さればこそ」といひけるとか。

text/yomeiuji/uji135.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa