ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji134

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji134 [2017/09/09 19:11]
Satoshi Nakagawa [第134話(巻11・第10話)日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事]
text:yomeiuji:uji134 [2019/08/04 13:01] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
 +
 ====== 第134話(巻11・第10話)日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事 ====== ====== 第134話(巻11・第10話)日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事 ======
  
ライン 6: ライン 7:
 **日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事** **日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事**
  
-昔、吉野山の日蔵のきみ野の奥におこなひありき給けるに、たけ七尺ばかりの鬼、身の色は紺青の色にて、髪は火のごとくに赤く、くびほそく、むな骨はことにさし出ていらめき腹ふくれて脛はほそくありけるが、このおこなひ人にあひて手をつかねてなく事かりなし+===== 校訂本文 ===== 
 + 
 +昔、吉野山の日蔵の野の奥に歩(あり)き給けるに、たけ七尺ばかりの鬼、身の色は紺青(こんじやう)の色にて、髪は火のごとくに赤く、首細、胸骨(むなぼね)はことにさし出でて、いらめき、腹膨れて、脛は細くありけるが、この行ひ人に会ひて、手をつかねて泣くことかぎりなし。 
 + 
 +「これは何事する鬼ぞ」と問へば、この鬼、涙にむせながら申すやう、「われは、この四・五百年を過ぎての昔、人にて候ひしが、人のために恨みを残して、今はかかる鬼の身となりて候ふ。さて、その敵(かたき)をば、思ひのごとくに取り殺してき。それが子・孫・彦(ひこ)・やしは子((玄孫))に至るまで、残りなく取り殺し果てて、今は殺すべき者なくなりぬ。されば、な、彼らが生まれ変り、まかる後までも知りて、取り殺さんと思ひ候ふに、次々の生まれ所も知らねば、取り殺すべきやうなし。瞋恚(しんい)の炎は同じやうに燃ゆれども、敵の子孫は絶え果てたり。ただわれ一人、尽きせぬ瞋恚の炎に燃え焦がれて、せんかたなき苦をのみ受け侍り。かかる心を起こさざらましかば、極楽・天上にも生まれなまし。ことに恨みをとどめて、かかる身となりて、無量億劫の苦を受けんとすることの、せんかたなく悲しく候ふ。人のために恨を残すは、しかしながら、わが身のためにてこありけれ。敵の子孫は尽き果てぬ。わが命は極まりもなし。かねてこのやうを知らましかば、かかる恨みをば残さざらまし」と言ひ続けて、涙を流して泣ことかぎりなし。そのあいだに頭(かうべ)より炎やうやう燃え出でけり。さて、山の奥ざまへ歩み入りけり。 
 + 
 +さて日蔵の君、「あはれ」と思ひて、それがために、さまざまの罪滅ぶべきことどもをし給ひけるとか。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  昔吉野山の日蔵のきみ芳野の奥におこなひありき 
 +  給けるにたけ七尺はかりの鬼身の色は紺青の色にて髪は火の 
 +  ことくに赤くくひほそくむな骨はことにさし出ていらめき腹ふくれ 
 +  ​て脛はほそくありけるこのおこなひ人にあひて手をつかねて 
 +  ​なく事かりなしこれは何事する鬼そととへは此鬼泪に/下48オy349
  
-「これは何事する鬼ぞ」ととへば、此鬼、泪にむせやう、「我はこの四五百年を過てのむかし人にて候しが、人のために恨をのこして今はかかる鬼の身となりて候さてそのかたきをば、思のとくにとり殺してきそれやしは子にいたるまで、のこりなくとりころしはてて今はころすき物なくなりぬされば、なをかれらむまれかはりまかる後まもしりてとりころさんと思候にのむまれ所もしらねば、とりころすきやうなし瞋恚のほのをはおなやうにもゆれ敵の子孫はたえはてたりだ、我独つきせぬ瞋恚のほのをにもへこれてせんかたなき苦をのみ受侍りかかる心をおこさらましかば、極楽天上にも生れなましことにうらみをとめてかかる身となりて無量億劫の苦をうけんとする事のせんかたなくかなしく候人の為に恨をのこすはしかしなら我身のためにてこそありけれ敵の子孫はつきはてぬ我命はきはまりもなし。かねて、此やうをしらましかば、かかる恨をばのこさざらまし」といひつづけて、泪をながしてなく事限なし。そのあいだに、かうべよりほのをやうやうもえ出けり。さて、山のおくざまへ、あゆみ入けり。+  ​むせから申やう我はこの四五百年を過てのむかし人 
 +  ​にて候し人のために恨をのこして今はかかる鬼の身となり 
 +  ​て候さてそのかたきを思のとくにとり殺してきそれ子孫 
 +  ​彦やしは子にいたるまのこりなくとりころしはてて今はころ 
 +  ​き物なくなりぬされなをかれらむまれかはりまかる後ま 
 +  てもしりてとりころさんと思候につのむまれ所もしら 
 +  ​とりころすきやうなし瞋恚のほのをはおなやうに 
 +  ​もゆれも敵の子孫はたえはてたりた我独つきせぬ瞋恚 
 +  ​のほのをにもへこれてせんかたなき苦をのみ受侍りかかる 
 +  ​心をおこさらましか極楽天上にも生れなましことにうら 
 +  ​みをとめてかかる身となりて無量億劫の苦をうけんと 
 +  ​する事のせんかたなくかなしく候人の為に恨をのこすはしかしな 
 +  ​我身のためにてこそありけれ敵の子孫はつきはてぬ我命は/下48ウy350
  
-さて日蔵のきみ、「あはれと思てそれためにさままのつみほろぶべき事もをし給けるとか+  きはまりもなしかねて此やうをしらましかはかかる恨をはの 
 +  こささらましといひつつけて泪をなかしてなく事限 
 +  なしそのあいたにかうへよりほのをやうやうもえ出けりさて 
 +  山のおくさまへあゆみ入けりさて日蔵のきみあはれと思 
 +  ​てそれためにさままのつみほろふへき事もをし給けるとか/下49オy351
  


text/yomeiuji/uji134.txt · 最終更新: 2019/08/04 13:01 by Satoshi Nakagawa