Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第134話(巻11・第10話)日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事

日蔵上人吉野山ニテ逢鬼事

日蔵上人、吉野山にて鬼に逢ふ事

昔、吉野山の日蔵のきみ、芳野の奥におこなひありき給けるに、たけ七尺ばかりの鬼、身の色は紺青の色にて、髪は火のごとくに赤く、くびほそく、むな骨はことにさし出て、いらめき、腹ふくれて、脛はほそくありけるが、このおこなひ人にあひて、手をつかねてなく事かぎりなし。

「これは何事する鬼ぞ」ととへば、此鬼、泪にむせびなくやう、「我はこの四五百年を過てのむかし、人にて候しが、人のために恨をのこして、今はかかる鬼の身となりて候。さて、そのかたきをば、思のごとくにとり殺してき。それが子、孫、彦、やしは子にいたるまで、のこりなくとりころしはてて、今はころすべき物なくなりぬ。されば、なをかれらがむまれかはりまかる後までもしりて、とりころさんと思候に、つぎつぎのむまれ所もしらねば、とりころすべきやうなし。瞋恚のほのをはおなじやうにもゆれども、敵の子孫はたえはてたり。ただ、我独つきせぬ瞋恚のほのをにもへこがれて、せんかたなき苦をのみ受侍り。かかる心をおこさざらましかば、極楽天上にも生れなまし。ことに、うらみをとどめて、かかる身となりて、無量億劫の苦をうけんとする事のせんかたなく、かなしく候。人の為に恨をのこすは、しかしながら我身のためにてこそありけれ。敵の子孫はつきはてぬ。我命はきはまりもなし。かねて、此やうをしらましかば、かかる恨をばのこさざらまし」といひつづけて、泪をながしてなく事限なし。そのあいだに、かうべよりほのをやうやうもえ出けり。さて、山のおくざまへ、あゆみ入けり。

さて、日蔵のきみ、「あはれ」と思て、それがために、さまざまのつみほろぶべき事どもをし給けるとか。

text/yomeiuji/uji134.txt · 最終更新: 2017/09/09 19:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa