Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第133話(巻11・第9話)空入水したる僧の事

空入水シタル僧事

空入水したる僧の事

これも今は昔、桂川に身なげんずる聖とて、まづ祇陀林寺にして、百日懺法おこなひければ、ちかき遠きものども、道もさりあへずおがみゆきちがふ。女房車など、ひまなし。

みれば、卅余斗なる僧の、ほそやかなる目をも人にみあはせず、ねぶりめにて、時々阿弥陀仏を申。そのはざまは、脣ばかりはたらくは、念仏なんめりとみゆ。また、時々そそといきをはなつやうにして、つどひたるものどものかほをみわたせば、その目に見あはせんとつどひたるものども、こちをし、あちをし、ひしめきあひたり。

さて、すでにその日のつとめては堂へ入て、さきにさし入たる僧ども、おほくあゆみつづきたり。しりに雑役車に、この僧は、紙の衣、袈裟などきてのりたり。なにといふにか、脣はたらく。人に目も見あはせずして、時々大いきをぞはなつ。行道に立なみたる見物のものども、うちまきを霰のふるやうになか道す。

聖、「いかにかく目鼻にいる。たへがたし。心ざしあらば、紙袋などに入て、我ゐたりつる所へをくれ」と時々いふ。これを無下の者は手をすりておがむ。すこし物の心ある者は、「など、かうは此聖はいふぞ。今水に入なんずるに、『きんだりへやれ。目鼻に入、たへがたし』などいふこそあやしけれ」などささめく物もあり。

さて、やりもてゆきて、七条の末にやりいだしければ、京よりはまさりて、「入水の聖おがまん」とて、河原の石よりもおほく人つどひたり。河ばたへ車やりよせてたてれば、聖、「ただいまはなん時ぞ」といふ。ともなる僧ども、「申のくだりになり候にたり」といふ。「往生の刻限には、まだしかんなるは。今すこしくらせ」といふ。待かねて、遠くよりきたるものは、帰などして、河原人すくなに成ぬ。「これをみはてん」と思たる者は、なをたてり。それが中に僧のあるが、「往生には剋限やはさだむべき。心えぬ事かな」といふ。

とかくいふほどに、此聖、たうさきにて、西に向ひて川にざぶりと入程に、舟ばたなる縄に足をかけて、づぶりともいらでひしめく程に、弟子の聖はづしたれば、さかさまに入てごぶごぶとするを、男の川へおりくだりて、「よくみん」とてたてるが、此聖の手をとりて引あげたれば、左右の手してかほはらひて、くぐみたる水をはきすてて、この引上たる男にむかひて手をすりて、「広大の御恩蒙さぶらひぬ。この御恩は極楽にて申さぶらはむ」といひて、陸へ走のぼるを、そこらあつまりたる者ども、童部、河原の石を取て、まきかくるやうに打。はだかなる法師の河原くだりに走を、つどひたる者ども、うけとりうけとり打ければ、頭うちわられにけり。

此法師にやありけん。大和より瓜を人のもとへやりける文のうはがきに、「さきの入水の上人」とかきたりけるとか。

text/yomeiuji/uji133.txt · 最終更新: 2014/10/11 01:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa