ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji132

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji132 [2019/06/24 19:09]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji132 [2019/06/24 19:09] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 26: ライン 26:
 「いかなりつることぞ」と問へば、「この夜中ばかりに、ものへまかるとて、ここをまかり過ぎつるほどに、物の三人、『おれは、まさにまかり過ぎなんや』と申して、走り続きて詣で来つるを、『盗人なめり』と思ひ給へて、あへくらべ伏せて候ふなり。今朝見れば、なにがしを、見なしと思ひ給ふべき奴ばらにて候ひければ、『敵にてつかまつりたりけるなめり』と思ひ給ふれば、しや頭どもをまつて、かく候ふなり」と立ち居ぬ。指(をよび)をさしなど語りたれば、人々、「さてさて」と言ひて問ひ聞けば、いとど狂ふやうにして語りをる。そのときにぞ、人にゆづり得て、面(おもて)もたげられて見ける。 「いかなりつることぞ」と問へば、「この夜中ばかりに、ものへまかるとて、ここをまかり過ぎつるほどに、物の三人、『おれは、まさにまかり過ぎなんや』と申して、走り続きて詣で来つるを、『盗人なめり』と思ひ給へて、あへくらべ伏せて候ふなり。今朝見れば、なにがしを、見なしと思ひ給ふべき奴ばらにて候ひければ、『敵にてつかまつりたりけるなめり』と思ひ給ふれば、しや頭どもをまつて、かく候ふなり」と立ち居ぬ。指(をよび)をさしなど語りたれば、人々、「さてさて」と言ひて問ひ聞けば、いとど狂ふやうにして語りをる。そのときにぞ、人にゆづり得て、面(おもて)もたげられて見ける。
  
-「『気色やしるからん』と、人知れず思ひたりけれど、われと名乗る者の出で来たりければ、それに譲りて止みしと、老いて後に子どもにぞ語りける。+「『気色やしるからん』と、人知れず思ひたりけれど、われと名乗る者の出で来たりければ、それに譲りて止みしと、老いて後に子どもにぞ語りける。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/yomeiuji/uji132.txt · 最終更新: 2019/06/24 19:09 by Satoshi Nakagawa