Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第125話(巻11・第2話)保輔、盗人たる事

保輔盗人タル事

保輔、盗人たる事

今は昔、摂津守保昌の弟に、兵衛尉にて冠たまはりて、保輔といふもの有けり。盗人の長にてぞありける。家は姉小路の南、高倉の東に居たりけり。

家の奥に蔵を作て、下をふかう井のやうに掘て、太刀、鞍、鎧、かぶと、絹、布など、万のうる物をよび入て、いふままに買て、「あたいをとらせよ」といひて、「おくの蔵のかたへぐしてゆけ」といひければ、「あたい給はん」とて行きたるを、蔵の内へよび入つつ、掘たる穴へつきいれつきいれして、もてきたる物をば取けり。

この保輔がり物もて入たるものの、帰ゆくなし。この事を物うりあやしう思へども、うづみころしぬれば、此事を云ものなかりけり。

これならず、京中をしありきて、ぬすみをしてすぎけり。この事、おろおろきこえたりけれども、いかなりけるにか、とらへからめらるる事もなくてぞ過にける。

text/yomeiuji/uji125.txt · 最終更新: 2017/09/06 01:17 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa