ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji117

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji117 [2014/10/07 19:16]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji117 [2019/02/24 17:02] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **浄蔵が八坂坊に強盗入る事** **浄蔵が八坂坊に強盗入る事**
  
-これもいまはむかし、天暦のころをひ、浄蔵が八坂の坊に、強盗その数入みだれり。+===== 校訂本文 =====
  
-しかるに、火をとし、太刀をぬき目をみはりてをのをのたちすくみてさらにする事なしかくて数刻をふ+これも今は昔、天暦のころほひ、浄蔵が八坂((八坂寺))の坊に、強盗その数入り乱れり。 
 + 
 +しかるに、火を灯し、太刀を抜き、目を見張りて、おのおの立ちすくみて、さらにするこ。かくて数刻を経(ふ)。 
 + 
 +やうやう明けんとする時、ここに浄蔵、本尊に啓白(けいびやく)して、「はやく許しつかはすべし」と申しけり。その時に、盗人ども、いたづらにて逃げ帰りけるとか。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  これもいまはむかし天暦のころをひ浄蔵か八坂の坊に強盗その数 
 +  入みたれりしかるに火をともし太刀をぬき目をみはりてをのをの 
 +  ​たちすくみてさらにする事なしかくて数刻をふ夜やうやう/下23ウy300 
 + 
 +  あけんとする時ここに浄蔵本尊に啓白してはやくゆるし 
 +  つかはすへしと申けりその時に盗人共いたつらにて逃帰けるとか/下24オy301
  
-夜、やうやうあけんとする時、ここに浄蔵、本尊に啓白して、「はやくゆるしつかはすべし」と申けり。その時に盗人共、いたづらにて逃帰けるとか。 


text/yomeiuji/uji117.txt · 最終更新: 2019/02/24 17:02 by Satoshi Nakagawa