ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji117

宇治拾遺物語

第117話(巻10・第4話)浄蔵が八坂坊に強盗入る事

浄蔵ガ八坂坊ニ強盗入事

浄蔵が八坂坊に強盗入る事

校訂本文

これも今は昔、天暦のころほひ、浄蔵が八坂1)の坊に、強盗その数入り乱れり。

しかるに、火を灯し、太刀を抜き、目を見張りて、おのおの立ちすくみて、さらにすることなし。かくて数刻を経(ふ)。

夜、やうやう明けんとする時、ここに浄蔵、本尊に啓白(けいびやく)して、「はやく許しつかはすべし」と申しけり。その時に、盗人ども、いたづらにて逃げ帰りけるとか。

翻刻

これもいまはむかし天暦のころをひ浄蔵か八坂の坊に強盗その数
入みたれりしかるに火をともし太刀をぬき目をみはりてをのをの
たちすくみてさらにする事なしかくて数刻をふ夜やうやう/下23ウy300
あけんとする時ここに浄蔵本尊に啓白してはやくゆるし
つかはすへしと申けりその時に盗人共いたつらにて逃帰けるとか/下24オy301
1)
八坂寺


text/yomeiuji/uji117.txt · 最終更新: 2019/02/24 17:02 by Satoshi Nakagawa