Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第117話(巻10・第4話)浄蔵が八坂坊に強盗入る事

浄蔵ガ八坂坊ニ強盗入事

浄蔵が八坂坊に強盗入る事

これもいまはむかし、天暦のころをひ、浄蔵が八坂の坊に、強盗その数入みだれり。

しかるに、火をともし、太刀をぬき、目をみはりて、をのをのたちすくみて、さらにする事なし。かくて数刻をふ。

夜、やうやうあけんとする時、ここに浄蔵、本尊に啓白して、「はやくゆるしつかはすべし」と申けり。その時に盗人共、いたづらにて逃帰けるとか。

text/yomeiuji/uji117.txt · 最終更新: 2014/10/07 19:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa