Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第116話(巻10・第3話)堀川院、明暹に笛吹させ給ふ事

堀川院明暹ニ笛吹サセ給事

堀川院、明暹に笛吹させ給ふ事

これも今は昔、堀川院の御時、奈良の僧どもをめして、大般若の御読経おこなはれけるに、明暹この中にまいる。

其時に、主上、御笛をあそばしけるが、やうやうに調子をかへてふかせ給ひけるに、明暹、調子ごとにこゑたがへずあげければ、主上あやしみ給て、この僧をめしければ、明暹、ひざまづきて庭に候。

仰によりて、のぼりて簀子に候に「笛やふく」ととはせおはしましければ、「かたのごとくつかまつり候」と申ければ、「さればこそ」とて、御笛たびてふかせられけるに、万歳楽をえもいはず吹たりければ、御感ありて頓而その笛をたびてけり。

件の笛、つたはりていま八幡別当幸清がもとにありとか。(件笛、幸清進上。当今建保三年也。)1)

1)
カッコ内割注
text/yomeiuji/uji116.txt · 最終更新: 2014/10/07 19:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa