ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji115

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji115 [2014/10/07 19:15]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji115 [2019/02/24 16:46] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 1: ライン 1:
 宇治拾遺物語 宇治拾遺物語
-====== 第115話(巻10・第2話)放鷹楽、明暹是季習ふ事 ======+====== 第115話(巻10・第2話)放鷹楽、明暹是季習ふ事 ======
  
 **放鷹楽明暹ニ是季ガ習事** **放鷹楽明暹ニ是季ガ習事**
  
-**放鷹楽、明暹是季習ふ事**+**放鷹楽、明暹是季習ふ事**
  
-これも今はむかし、放鷹楽と云楽をば明暹已講、ただ一人、習つたへたりけり。+===== 校訂本文 =====
  
-白河院、野行幸あさてといひけるに、山階寺の三面の僧坊にありけるが、「こよひは門なさしそ。尋ぬる人あらんものか」とひて待けるが、案のごとく入ぬる人あり。これをふに「是季なり」とふ。「放鷹楽ならひにか」とひければ、「しかなり」とこたふ+これも今は昔、放鷹楽(ほうようらく)といふ楽をば、明暹已講(みやうせんいこう)、ただ一人、習ひ伝へたりけり。 
 + 
 +白河院((白河天皇))、野行幸あさてといひけるに、山階寺((興福寺))の三面の僧坊にありけるが、「今宵は門なさしそ。尋ぬる人あらんものか」とひて待けるが、案のごとく入り来ぬる人あり。これをふに「是季((大神惟季))なり」とふ。「放鷹楽ひにか」とひければ、「しかなり」と答ふ。すなはち坊中に入れて、件(くだん)の楽を伝へけり。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  ​れも今はむかし放鷹楽と云楽をは明暹已講た一人習 
 +  つたへたりけり白河院野行幸あさてといひけるに山階寺の 
 +  三面の僧坊にありけるかこよひは門なさしそ尋ぬる人あらんもの 
 +  かといひて待けるか案のことく入きぬる人ありこれをとに是 
 +  季なりといふ放鷹楽ならひにかといひけれはしかなりとこたふす/下23オy299 
 + 
 +  なはち坊中に入て件の楽をつたへけり/下23ウy300
  
-すなはち、坊中に入て、件の楽をつたへけり。 


text/yomeiuji/uji115.txt · 最終更新: 2019/02/24 16:46 by Satoshi Nakagawa