Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第115話(巻10・第2話)放鷹楽、明暹ニ是季ガ習ふ事

放鷹楽明暹ニ是季ガ習事

放鷹楽、明暹ニ是季ガ習ふ事

これも今はむかし、放鷹楽と云楽をば明暹已講、ただ一人、習つたへたりけり。

白河院、野行幸あさてといひけるに、山階寺の三面の僧坊にありけるが、「こよひは門なさしそ。尋ぬる人あらんものか」といひて待けるが、案のごとく入きぬる人あり。これをとふに「是季なり」といふ。「放鷹楽ならひにか」といひければ、「しかなり」とこたふ。

すなはち、坊中に入て、件の楽をつたへけり。

text/yomeiuji/uji115.txt · 最終更新: 2014/10/07 19:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa