ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji115

宇治拾遺物語

第115話(巻10・第2話)放鷹楽、明暹に是季が習ふ事

放鷹楽明暹ニ是季ガ習事

放鷹楽、明暹に是季が習ふ事

校訂本文

これも今は昔、放鷹楽(ほうようらく)といふ楽をば、明暹已講(みやうせんいこう)、ただ一人、習ひ伝へたりけり。

白河院1)、野行幸あさてといひけるに、山階寺2)の三面の僧坊にありけるが、「今宵は門なさしそ。尋ぬる人あらんものか」と言ひて待りけるが、案のごとく入り来ぬる人あり。これを問ふに「是季3)なり」と言ふ。「放鷹楽習ひにか」と言ひければ、「しかなり」と答ふ。すなはち坊中に入れて、件(くだん)の楽を伝へけり。

翻刻

これも今はむかし放鷹楽と云楽をは明暹已講たた一人習
つたへたりけり白河院野行幸あさてといひけるに山階寺の
三面の僧坊にありけるかこよひは門なさしそ尋ぬる人あらんもの
かといひて待けるか案のことく入きぬる人ありこれをとふに是
季なりといふ放鷹楽ならひにかといひけれはしかなりとこたふす/下23オy299
なはち坊中に入て件の楽をつたへけり/下23ウy300
1)
白河天皇
2)
興福寺
3)
大神惟季


text/yomeiuji/uji115.txt · 最終更新: 2019/02/24 16:46 by Satoshi Nakagawa