Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第105話(巻8・第7話)千手院僧正、仙人に逢ふ事

千手院僧正仙人ニ逢事

千手院僧正、仙人に逢ふ事

校訂本文

昔、山1)の西塔、千手院に住み給ひける、静観僧正と申しける座主、夜更けて、尊勝陀羅尼を夜もすがら見て明かして、年ごろになり給ひぬ。聞く人も、いみじく尊みけり。

陽勝仙人(やうせうせんにん)と申す仙人、空を飛びて、この坊の上を過ぎけるが、この陀羅尼の声を聞きて、下りて、高欄の架木(ほこぎ)の上に居給ひぬ。僧正、「あやし」と思ひて、問ひ給ひければ、蚊の声のやうなる声して、「陽勝仙人にて候ふなり。空を過ぎ候ひつるが、尊勝陀羅尼の声を承りて、参り侍るなり」とのたまひければ、戸を開けて請ぜられければ、飛び入りて、前に居給ひぬ。

年ごろの物語して、「いまはまかりなん」とて立ちけるが、人気(ひとけ)におされて、え立たざりければ、「香炉の煙を近く寄せ給へ」とのたまひければ、僧正、香炉を近くさし寄せ給ひける。その煙に乗りて、空へ上りにけり。

この僧正は、年を経て、香呂をさし上げて、煙(けぶり)を立ててぞおはしける。この仙人は、もと使ひ給ひける僧の、行ひして失せにけるを、年ごろ「あやし」と思しけるに、かくして参りたりければ、「あはれあはれ」と思してぞ、常に泣き給ひける。

翻刻

昔山の西塔千手院に住給ける静観僧正と申ける座主夜
更て尊勝陀羅尼を夜もすからみてあかして年比になり給ぬ
きく人もいみしくたうとみけり陽勝仙人と申仙人空をとひて
この坊のうへを過けるかこの陀羅尼のこゑをききておりて
高欄のほこ木の上に居給ぬ僧正あやしとおもひてとひたま
ひけれは蚊の声のやうなるこゑしてやうせう仙人にて候なり空を
過候つるか尊勝陀羅尼の声をうけたまはりてまいり侍るなりと/下4オy261
の給けれは戸をあけて請せられけれは飛入て前に居給ぬ
年比の物語していまはまかりなんとて立ちけるか人けにをさ
れてえたたさりけれは香炉の煙をちかくよせ給へとの給けれは
僧正香呂をちかくさしよせ給けるその煙にのりて空へ上に
けり此僧正は年をへて香呂をさしあけてけふりをたててそ
おはしける此仙人はもとつかひ給ける僧のおこなひして失に
けるを年比あやしとおほしけるにかくしてまいりたりけれは
あはれあはれとおほしてそつねになき給ける/下4ウy262
1)
比叡山延暦寺
text/yomeiuji/uji105.txt · 最終更新: 2018/12/02 15:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa