Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第105話(巻8・第7話)千手院僧正、仙人に逢ふ事

千手院僧正仙人ニ逢事

千手院僧正、仙人に逢ふ事

昔、山の西塔千手院に住給ける、静観僧正と申ける座主、夜更て、尊勝陀羅尼を夜もすがらみてあかして、年比になり給ぬ。きく人もいみじくたうとくみけり。

陽勝仙人と申仙人、空をとびて、この坊のうへを過るが、この陀羅尼のこゑをききておりて、高欄のほこ木の上に居給ぬ。僧正「あやし」とおもひてとひたまひければ、蚊の声のやうなるこゑして、「やうせう仙人にて候なり。空を過候つるが、尊勝陀羅尼の声をうけたまはりて、まいり侍るなり」との給ければ、戸をあけて請ぜられければ、飛入て前に居給ぬ。

年比の物語して、「いまはまかりなん」とて立ちけるが、人けにをされて、えたたざりければ、「香炉の煙をちかくよせ給へ」との給ければ、僧正、香呂をちかくさしよせ給ける。その煙にのりて、空へ上にけり。

此僧正は、手をへて、香呂をさしあげて、けぶりをたててぞおはしける。此仙人は、もとつかひ給ける僧の、おこなひして失にけるを、年比「あやし」とおぼしけるに、かくしてまいりたりければ、「あはれあはれ」とおぼしてぞ、つねになき給ける。

text/yomeiuji/uji105.txt · 最終更新: 2014/10/07 19:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa