Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第99話(巻8・第1話)大膳大夫以長、前駆の間の事

大膳大夫以長前駆之間事

大膳大夫以長、前駆の間の事

これもいまはむかし、橘大膳亮大夫以長といふ、蔵人の五位有けり。法勝寺千僧供養に鳥羽院御幸有けるに、宇治左大臣まいり給けり。さきに公卿の車行けり。しりより、左府まいり給ければ、車ををさへて有ければ、御前の随身おりてとほりけり。それにこの以長、一人おりざりけり。「いかなる事にか」とみる程に、とほらせ給ぬ。

さて、帰らせ給て、「いかなる事ぞ。公卿あひて礼節して車ををさへたれば、御前の随身みなおりたるに、未練の物こそあらめ、以長おりざりつるは」と仰らる。以長、申やう、「こは、いかなる仰にか候らん。礼節と申候は、前にまかる人、しりより御出なり候はば、車を遣返して、御車にむかへて、牛をかきはづして、榻にくび木ををきて、とほしまいらするをこそ、礼節とは申候に、さきに行人、車ををさへ候とも、しりをむかまいらせて、とほしまいらするは、礼節にては候はで、無礼をいたすに候とこそみえつれば、『さらん人にはなんでうおり候はむずるぞ』と思て、おり候はざりつるに候。『あやまりてさも候はば、打よせて一こと葉申さるや』と思候つれども、以長、年老候にたれば、をさへて候つるに候」と申ければ、左大臣殿「いさ、この事いかがあるべからん」とて、あの御方に1)「かかる事こそ候へ。いかに候はんずる事ぞ」と申させ給ければ、「以長ふるさぶらひに候けり」とぞ、仰事ありける。

むかしはかきはづして、榻をば轅のなかにおかんずるやうにをきけり。これぞ礼節にてはあんなるとぞ。

1)
傍注「富家殿歟」
text/yomeiuji/uji099.txt · 最終更新: 2015/04/08 02:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa