Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第99話(巻8・第1話)大膳大夫以長、前駆の間の事

大膳大夫以長前駆之間事

大膳大夫以長、前駆の間の事

校訂本文

これも今は昔、橘大膳亮大夫以長1)といふ、蔵人の五位ありけり。法勝寺千僧供養に鳥羽院2)御幸ありけるに、宇治左大臣3)参り給ひけり。

さきに公卿の車行きけり。しりより、左府参り給ければ、車を押さへてありければ、御前の随身、下りて通りけり。それに、この以長、一人下りざりけり。「いかなることにか」と見るほどに、通らせ給ひぬ。

さて、帰らせ給ひて、「いかなることぞ。公卿あひて、礼節して車を押さへたれば、御前の随身みな下りたるに、未練の者こそあらめ、以長下りざりつるは」と仰せらる。以長、申すやう、「こは、いかなる仰せにか候ふらん。礼節と申し候ふは、前にまかる人、しりより御出でなり候はば、車を遣り返して、御車に向へて、牛をかき外して、榻(しぢ)にくび木を置きて、通し参らするをこそ礼節とは申し候ふに、さきに行く人、車を押さへ候へども、しりを向け参らせて通し参らするは、『礼節にては候はで、無礼をいたすに候ふ』とこそ見えつれば、『さらん人には、なんでう下り候はむずるぞ』と思ひて、下り候はざりつるに候ふ。『誤りてさも候はば、うち寄せて、一言葉申さるや』と思ひ候ひつれども、以長、年老い候ひにたれば、押さへて候ひつるに候ふ」と申しければ、左大臣殿、「いさ、このこと、いかがあるべからん」とて、あの御方に4)、「かかることこそ候へ。いかに候はんずることぞ」と申させ給ひければ、「以長、古侍(ふるさぶらひ)に候ひけり」とぞ、仰せごとありける。

昔はかき外して、榻をば轅(ながえ)の中に下りんずるやうに置きけり。これぞ、礼節にてはあんなるとぞ。

翻刻

これもいまはむかし橘大膳亮大夫以長といふ蔵人の五位有
けり法勝寺千僧供養に鳥羽院御幸有けるに宇治左
大臣まいり給けりさきに公卿の車行けりしりより左
府まいり給けれは車ををさへて有けれは御前の随身おり
てとほりけりそれにこの以長一人おりさりけりいかなる事
にかとみる程にとほらせ給ぬさて帰らせ給ていかなる事そ公卿
あひて礼節して車ををさへたれは御前の随身みなおり
たるに未練の物こそあらめ以長おりさりつるはと仰らる以
長申やうこはいかなる仰にか候らん礼節と申候は前にまかる
人しりより御出なり候はは車を遣返して御車にむかへ
て牛をかきはつして榻にくひ木ををきてとほしまいらするを/112オy227
こそ礼節とは申候にさきに行人車ををさへ候ともしり
をむけまいらせてとほしまいらするは礼節にては候はて無礼
をいたすに候とこそみえつれはさらん人にはなんてうおり候
はむするそと思ており候はさりつるに候あやまりてさも候
はは打よせて一こと葉申さるやと思候つれとも以長年老
候にたれはをさへて候つるに候と申けれは左大臣殿いさ
この事いかかあるへからんとてあの御方に(富家殿歟)かかる事こそ
候へいかに候はんする事そと申させ給けれは以長ふるさふら
ひに候けりとそ仰事ありけるむかしはかきはつして
榻をは轅のなかにおりんするやうにをきけりこれそ礼節
にてはあんなるとそ/112ウy228
1)
橘以長
2)
鳥羽天皇
3)
藤原頼長
4)
底本傍注「富家殿歟」。富家殿は頼長の父、藤原忠実
text/yomeiuji/uji099.txt · 最終更新: 2018/09/25 23:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa