Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第88話(巻6・第6話)賀茂社より、御弊紙米等給ふ事

自賀茂社御弊紙米等給事

賀茂社より、御弊紙米等給ふ事

今はむかし、比叡山に僧ありけり。いとまづしかりけるが、鞍馬に七日まいりけり。「夢などやみゆる」とてまいりけれど、見えざりければ「今七日」とてまいれども、猶みえねば、七日をのべのべして、百日まいりけり。

その百日といふ夜の夢に、「我はえしらず。清水へまいれ」と仰らるるとみければ、明日日より、又、清水へ百日まいるに、「又我はえこそしらね。賀茂にまいりて申せ」と夢にみてければ、又賀茂にまいる。七日と思へども、「例の夢みん、例の夢みん」とまいるほどに、百日といふ夜の夢に、「わ僧、かくまいる。いとおしければ、御幣紙、うちまきの米ほどの物たしかにとらせん」と仰らるるとみて、うちおどろきたる心ちいと心うくあはれにかなし。

所々まいりあるきつるに、ありありして、「かく仰らるるよ。うちまきのかはり斗給はりて、なにかはせん。我山へかへりのぼらむも、人目はづかし。賀茂川にやおち入りなまし」など思へど、又、さすがに身もえなげず。「いかやうにはからはせ給べきにか」とゆかしきかたもあれば、もとの山の坊に帰てゐたる程に、しりたる所より、「物申候はん」といふ人あり。「たそ」とてみれば、白き長櫃をになひて、ゑんにをきて帰ぬ。いとあやしく思て使を尋れど、大かたなし。これをあけてみれば、しろき米と、よき紙とを一長櫃入たり。

「これはみし夢のままなりけり。さりともとこそ思つれ、こればかりを誠にたびたる」といと心うく思へど、「いかがはせん」とて、此米をよろづにつかふに、ただおなじおほさにてつくる事なし。紙もおなじごとつかへど、うする事なくていとべちにきらきらしからねど、いとたのしき法師になりてぞありける。

猶心ながく物まうではすべき也。

text/yomeiuji/uji088.txt · 最終更新: 2015/03/16 20:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa