Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第80話(巻5・第11話)仲胤僧都、地主権現説法の事

仲胤僧都地主権現説法事

仲胤僧都、地主権現説法の事

これも今はむかし、仲胤僧都を山の大衆、日吉の二宮にて法花経を供養しける導師に請じたりけり。読経えもいはずして、はてがたに、「地主権現の『申せ』とさぶらふは」とて、「此経難持、若暫持者、我即歓喜、諸仏亦然」といふ文を打上て誦して、「諸仏」といふ所を、「地主権現の申せと候は、我即歓喜、諸神亦然」といひたりければ、そこらあつまりたる大衆、異口同音にあめきて、扇をひらきつかひたりけり。

これをある人、日吉社の御正体をあらはしたてまつりて、各御前にて千日の講をおこなひけるに、二宮の御れうのおり、ある僧、この句をすこしもたがへずしたりけるを、ある人、仲胤僧都に、「かかる事こそありしか」と語ければ、仲胤僧正きやうきやうと笑て、「これはかうかうの時、仲胤がしたりし句也。えいえい」とわらひて、「大かたは、この比の説経をば『犬のくそ説経』といふぞ。犬は人の糞を食て、くそをまる也。仲胤が説法をとりて、この比の説経師はすれば、『犬のくそ説経』といふ也」とぞいひける。

text/yomeiuji/uji080.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa