Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji078_2 [2014/10/05 17:38]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji078_2 [2018/05/10 00:33] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 4: ライン 4:
 **一乗子僧正事** **一乗子僧正事**
  
-**一乗寺の僧正の事**((第78話の「御室戸の僧正の事」と「一乗寺の僧正の事」は、書き出しから両方で一話であると考えられるが、目録で二話として扱っているためファイルを分ける。))+**一乗寺の僧正の事**((第78話の「御室戸の僧正の事」と「一乗寺の僧正の事」は、書き出しから両方で一話であると考えられるが、目録で二話として扱っているため分ける。))
  
-一乗寺僧正は、大峰は二度とほられたり。蛇をみらる。又、竜の駒などをみなどして、あられぬありさまをして、おこなひたる人也。+===== 校訂本文 =====
  
-その坊町ばかり、よりひしめきて、田楽、猿楽などひしめき、随身、衛府のおのこどもなど、出入ひめく。物うり共入きて、鞍、太刀、さまざまの物売を、かれがいふままにあたいをたびたれば、市をなてぞつどひける。さて、此僧正のもとに、世の宝はつどあつまりりけり。+一乗寺僧正((増誉))は、大峰は二度通られた。蛇を見らる。また竜の駒などを見などして、あられぬありさまをして、ひたる人なり。
  
-れに呪師小院といふ童を愛せられたり。鳥羽田植にみつきしたりける。さきざきは、くびに乗つつみつけるを田うへに僧正いあはせて、比すやうににたちして、こばはより出たりければ、大かたみも、おどろきおどろきしあひたりけり。+その一二町ばかりよりひしめて、田楽・猿楽などひめき随身、衛府男(をのこ)どもなど出で入りしめく。物売りども入り来て、鞍・太刀・さまざま物を売かれが言ふまま値(あひ)を賜びたれば、市をなしてぞ集(つど)ひけ。さて、この僧正のとに世の宝は集集まりたりけり。
  
-この、あまりにてうあひ「よしなし、法師夜るひるはなれずつきてあれ」とありける、童「いかが候べからん。いまばしかくて候はばや」といひけるを、僧正、なをいとおしさに、「ただなれ」とありければ、、しぶしぶに法師に成てけり。+それに、呪師小院といふを愛せられた。鳥羽の田植みつぎたりける。さきざきはつつつきをしけるを、この田植ゑに、僧正言ひ合はせてこのごろするやうに、肩に立ち立ちしてこばはより出でたりければ、おほかた見る者も驚き驚きあひたりけり。
  
-さて過るほどに、春雨うちそそぎて、りけるに、僧正、人よびて、「あの僧の装束はあるか」ととはれれば「おめ殿いま」とければ、「取こ」といはれけり。+この童あまり寵愛して「よしなし。法師になりて、夜昼(よるひる)離ず、付きてあ」とありけるを、が候ふべからん。今しばし、かくて候はばや」と言ひるを僧正、なほいとほしさに、「たなれ」とありければ、童、しぶしぶに法師になりてけり。
  
-きたりけるを「これをきよ」とはれければ、この呪師小院みぐるしう候なん」となみけるを、「たきよ」とせめの給ければ、かたがたへ行、さうぞきて、かぶして、いできたりけり。つゆむかしにからず。僧正、うちみて、かいをつくられけり。+、過ぐるほどに、春雨うちそそぎて、つれづれなりけるに、僧正、人呼びて、あの僧の装束はあるか」とはれければ、「納め殿に候ふ」と申しければ、「取り来(こ)」はれけり。
  
-小院、又、おがはりしてたりける僧正いまだ、はしりてはおぼゆや」とありければ、「おぼえさぶらはず。ただし、ささはてこそ、よくしつて候し事なれば、すこしおぼえ候」といひて、のなかわりとほるほどをはしりてとぶ。かぶともち一拍子にわたりたりけ僧正、こゑをはなちてなかれけり。+持()たりける、「これを着よ」と言はれければ、この呪師小院、「見苦う候ひなん」と否(いな)みけるをだ着よ」と責めたまひければ、かたがたへ行きて、装束(さぞ)き、兜(かぶと)し、出で来たりけり。つゆ昔変らず。僧正、、貝をつくられけり。
  
-て、「こちこよ」とせて、うちなでつつ「なにしに出家せさせけん」とてかれければ、小院も「さればこそ、『いましばし』と申候しを」とひて、装束がせて、障子のうちへしていられにけり+小院、また、面変(おもがは)りし立てりけるに僧正いまだ走り手は覚ゆや」とありければ、「覚え候(さぶ)らはず。ただし、かたささはの手そ、よくしつけて候ひしことなれば、少し覚え候ふ」といひて、せうの中割りて通るほどを、走りて飛ぶ。兜持て、一拍子に渡りたりけるに、僧正、声を放ちて、泣かれけり。 
 + 
 +さて、「ち来よ」とせて、うちなでつつしに出家せさせけん」とて、泣かれければ、小院も「さればこそ、『いましばし』と申ものを」とひて、装束がせて、障子の内へ具して入られにけり。 
 + 
 +その後は、いかなることかありけん。知らず。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  一乗寺僧正は大峰は二度とほられたり蛇をみらる又竜 
 +  の駒なとをみなとしてあられぬありさまをしておこなひ 
 +  たる人也その坊は一二町はかりよりひしめきて田楽猿楽なと 
 +  ひしめき随身衛府のおのこともなと出入ひしめく物り共入きて 
 +  鞍太刀さまさまの物を売をかれかいふままにあたいをたひたれは 
 +  市をなしてそつとひけるさて此僧正のもとに世の宝はつとひ 
 +  あつまりたりけりそれに呪師小院といふ童を愛せられたり 
 +  鳥羽の田植にみつきしたりけるさきさきはくひに乗つつみつきを/82ウy168 
 + 
 +  しけるをこの田うへに僧正いひあはせてこの比するやうに肩に 
 +  たたちしてこははより出たりけれは大かたみる物もおとろきおとろきし 
 +  あひたりけりこの童あまりにてうあひしてよしなし法師になり 
 +  て夜るひるはなれすつきてあれとありけるを童いかか候からん 
 +  いまはしかく候ははやとひけるを僧正なをいとおしさに 
 +  たたなれとありけれは童しふしふに法師に成てけりさて過る 
 +  ほとに春雨うちそそきてつれつれなりけるに僧正人をよひてあの 
 +  僧の装束はあるかととはれけれはおさめ殿にいまた候と申けれは 
 +  取てこといはれけりもてきたりけるをこれをきよといはれけれ 
 +  はこの呪師小院みくるしう候なんといなみけるをたたきよと 
 +  せめの給けれはかたかたへ行てさうそきてかふとしていてきたりけり 
 +  つゆむかしにかはらす僧正うちみてかいをつくられけり小院又おも 
 +  かはりしてたてりける僧正いまたはしりてはおほゆやとあり/83オy169 
 + 
 +  ​れはおほえさふらはすたたしかたささはのてこそよくしつけ 
 +  て候し事なれはすこしおほえ候といひてせうのなかわて 
 +  とほるほとをはしりてとふかふともちて一拍子にわたりたり 
 +  けるに僧正こゑをはなちてなかれけりさてこちこよとよひ 
 +  よせてうちなてつつなにしに出家せさせけんとてなかれけれは 
 +  小院もされはこそいましはしと申候し物をといひて装束ぬ 
 +  かせて障子のうちへくしていられにけりそののちはいかなる事か 
 +  ありけんしらす/83ウy170
  
-そののちは、いかなる事かありけん。しらず。 
text/yomeiuji/uji078_2.txt · 最終更新: 2018/05/10 00:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa