Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第76話(巻5・第7話)仮名暦、誂へたる事

仮名暦誂タル事

仮名暦、誂へたる事

これも今は昔、ある人のもとに、なま女房の有けるが、人に紙乞ひて、そこなりける若き僧に、「仮名暦、書てたべ」といひければ、僧、やすき事にいひて書たりけり。

はじめつかたはうるはしく、「神仏によし」「かんじつ日」「くゑび日」など書たりけるが、やうやうすゑざまになりて、あるひは「物くはぬ日」などかき、又「これぞあれば、よくくふ日」などかきたり。

この女房、「やうがる暦かな」とは思へども、いとかうほどには思ひよらず、「さる事にこそ」と思てそのままにたがへず。

又ある日は、「はこすべからず」と書たれば、「いかに」とは思へども、「さこそはあらめ」と思てねんじてすぐす程に、ながくゑ日のやうに「はこすべからず、はこすべからず」とつづけかきたれば、二三日までは念じゐたる程に、大かたたゆべきやうもなければ、左右の手して尻をかかへて、「いかにせん、いかにせん」とよぢりすぢりする程に、物もおぼえずしてありけるとか。

text/yomeiuji/uji076.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa