ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji075

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji075 [2018/04/28 19:44]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:yomeiuji:uji075 [2018/04/28 19:59] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 12: ライン 12:
 それに、陪従清仲といふもの、常にさぶらひけるが、宮、おはしまさねども、なほ御車宿(くるまやどり)の妻に居て、古き物はいはじ、新しうしたる束柱(つかばしら)、立蔀(たてじとみ)などをさへ、破り焼きけり。 それに、陪従清仲といふもの、常にさぶらひけるが、宮、おはしまさねども、なほ御車宿(くるまやどり)の妻に居て、古き物はいはじ、新しうしたる束柱(つかばしら)、立蔀(たてじとみ)などをさへ、破り焼きけり。
  
-このことを、有賢、鳥羽院に訴(うた)へ申しければ、清仲を召して、「宮、渡らせおはしまさぬに、なほ留(とま)り居て、古き物、新しき物、こぼち焚くなるは、いかなることぞ。修理する物、訴(うた)へ申すなり。まづ、宮もおはしまさぬに、なほこもり居たるは、何ごとによりてさぶらふぞ。子細を申せ」と仰せられければ、清仲、申すやう、「別のことに候はず。焚き木につきて候ふなり」と申しければ、おほかた、これほどのこと、とかく仰せらるるに及ばず。「すみやかに追ひ出だせ」とて、笑はせおはしましけるとかや。+このことを、有賢、鳥羽院に訴(うた)へ申しければ、清仲を召して、「宮、渡らせおはしまさぬに、なほ留(とま)り居て、古き物、新しき物、こぼち焚くなるは、いかなることぞ。修理する物、訴(うた)へ申すなり。まづ、宮もおはしまさぬに、なほこもり居たるは、何ごとによりてさぶらふぞ。子細を申せ」と仰せられければ、清仲、申すやう、「別のことに候はず。焚き木につきて((「尽きて」と「付きて」の二説がある。))候ふなり」と申しければ、おほかた、これほどのこと、とかく仰せらるるに及ばず。「すみやかに追ひ出だせ」とて、笑はせおはしましけるとかや。
  
 この清仲は、法性寺殿((藤原忠通))の御時、春日の乗尻の立ちけるに、神馬使ひ、おのおのさはりありて、事欠けたりけるに、清仲ばかり、かう勤めたりし者なれども、「事欠けにたり。あひ構へて勤めよ。せめて京ばかりをまれ、ことなきさまに、はからひ勤めよ」と仰せられけるに、「かしこまりて奉りぬ」と申して、やがて社頭に参りたりければ、返す返す感じ思し召す。 この清仲は、法性寺殿((藤原忠通))の御時、春日の乗尻の立ちけるに、神馬使ひ、おのおのさはりありて、事欠けたりけるに、清仲ばかり、かう勤めたりし者なれども、「事欠けにたり。あひ構へて勤めよ。せめて京ばかりをまれ、ことなきさまに、はからひ勤めよ」と仰せられけるに、「かしこまりて奉りぬ」と申して、やがて社頭に参りたりければ、返す返す感じ思し召す。


text/yomeiuji/uji075.txt · 最終更新: 2018/04/28 19:59 by Satoshi Nakagawa