ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji074

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji074 [2014/10/05 17:36]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji074 [2018/04/04 17:52] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 6: ライン 6:
 **陪従家綱兄弟、互に謀たる事** **陪従家綱兄弟、互に謀たる事**
  
-是も今はむかし、陪従はさもこそとはいいながら、これは世になきほどのさるがくなりけり。+===== 校訂本文 =====
  
-堀川院の御時、内侍所の御かぐらの夜、仰にて、「夜めづらしからん事仕れ」と仰ありければ職事、家綱をめして、此よし仰けり。承て、「何事をかせまし」あんじて、おとと行綱をかたすみにまねきよせて、「かかる事おほせくだされたれば、わがあんじたる事のある、いかがあるべき」といひければ、「いかやうる事をせさせ給はんずるぞ」と云に、家綱いふやう「庭火しろく焼たるに袴をたかくひきあげて、ほそぎをいだして、『よりよりに夜のふけ、さりにさりにさむに、ふりちうふぐりを、ありちうあぶらん』といひて、庭火を三めぐりばかり走めぐらんとおもふ。いかがあるべき」といふに、行綱がいはく、「さも侍なん。ただし大やけの御前にて、そはぎかきいだして、「ふぐりあぶらん」なさぶらはぬは、びんくや候べからん」といひければ、家綱「まことに、さいはれた。さらばこと事をこそせめ。かしこう申あはせてけり」といひける+これもは昔陪従はさもこそとはいひながこれきほどの猿楽なりけり。
  
-殿上人など、仰を奉りたれば、「こよひいなる事をせんずらん目をすましてまつに、人長「家綱めす」とせば、家綱出て、させるなきやうにて入ぬれば上よりも、そのこととなきやうにおぼしめす程に、人長、又すすみて、「行めす」とめす時、行、誠にさむげなる気色をして、ひざをももまでかきあげて、ほそはぎを出して、わななき、さむげなるゑにて、「よりによりに夜ふけて、さりにさりにさむきに、ふりちうふぐりを、ありちうあぶらん」といひて、庭火を十まはりばかり走廻りたりけるに、上り下ざまにいたるまで、大かたとよみたりけり。+堀川院((堀河天皇))の御時、内侍所の御神楽の夜、仰せにて、「今夜、めづらしからん、つかまつ」とありければ、事、((藤原家))して、このよし仰せけり。
  
-綱かたすみにかくれて、「きやつになしうはられぬるこそ」て中がひて目も見あはせずしてすぐほどに、家綱思けるは、「はかられたるにくけれどてのみやむべきにあらず」て行綱ふやう、「この事、さのみぞある。さりとて兄弟たがひはつべあら」とひければ、綱、喜でゆきむつびけり。+承りて、「何事をかせまし」と案じて、弟(おとと)行綱((藤原行))を片隅(かたすみ)招き寄せて、「かかること、仰せ下されればわが案じたることの、いかがあるべき」と言ひければ、「いかやうなることをさせ給はんずるぞ」と言ふに、家綱が言ふやう、「庭火、白く焼けたるに、袴を高引き上げて細脛(ほそはぎ)を出だし、『よりによりに夜更け、さりにさりに寒きに、ふりちうふぐりを、りちうあぶん』言ひ、庭火を三巡りばかり、走り巡らんと思ふ。いかがあるべき」と言ふに、行綱はく、「さも侍なん。ただしおほやけ御前にて細脛か出だして、『ふぐりん』など候(さぶら)はむは、便(びん)なくや候ふべからん」とひければ、綱、「まことに、さ言はれたり。さらば、異事(ことごと)をこそせめ。かしこう申し合はせてけり」と言ひける
  
-賀茂の臨時祭の帰ちに御神楽のあるに、綱、家綱にいふやう、人長めしたて時、竹台のもとによりて、そそめんずるに『あれはなんす物ぞ』とはやい給へ。そくへ、ちくへぞ』ひて、へうのまねつくさん」といひければ、家綱「こともあらず。てのきははやさん」事うしつ+殿上人など、仰せを承はりれば「今宵、いかなことをせんずらん」と、目を澄まして待つに、人長、「家召す」と召せば、家綱、出でて、させることなきやうて入りぬれば、上よりも、そのこととなきやうに思し召すほどに、人長、ま進み、「行綱召す」と召す時、行綱、まことに寒げなる気色をして、膝をももまでき上げて細脛(ほそぎ)を出だして、わななき、寒げなる声にて、「よりによりに夜更けてさりにさりに寒きに、ふりちうふぐりをありちうあぶらん」ひて、庭火十回りかり走り廻りたりける、上より下ざまに至るまで、おほかた、よみたり
  
-さて、人長たちすみて、「行綱す」とふ時に、行綱やをらちて、竹の台のもとにりて、はいありきて、「あれはなにするぞやはば、それにつきてちくへうぞはむと待に、家綱「かれは、んぞのちくへうぞ」と問ければ、詮にいはんとおもふちくへうをさきにいはれにければ、いふき事なくてふとにて走入にけり+家綱、片隅(かたすみ)に隠れて、「きやつに、かなしう、謀(はか)られぬるこそ」とて、仲たがひて、目も見合はせずして、過ぐるほどに、家綱、思ひけるは、「謀られたるは憎けれど、てのみやむべきにあらず」と思ひて、行綱に言ふやう、「このこと、さのみぞある。さりとて、兄弟の仲がひ、はつべきにあらず」と言ひければ、行綱、喜びて、行きむつびけり。 
 + 
 +賀茂の臨時祭の帰り立に、御神楽のあるに、行綱、家綱に言ふやう、「人長、召し立てん時、竹台のもとに寄りて、そそめかんずるに、『あれはなんる者ぞ』と、はやい給へ。その時、『竹豹(ちくへう)ぞ、竹豹へうぞ』と言ひて、豹(へう)の真似をつくさん」と言ひければ、家綱、「ことにもあらず。手の際(きは)囃(はや)さん」と事受けしつ。 
 + 
 +さて、人長、立ち進みて、「行綱す」とふ時に、行綱やをらちて、竹の台のもとにりて、這ひ歩(あり)きて、「あれはするぞやはば、それにつきて『竹豹(ちくへう)はむと待つほどに、家綱「かれは、何ぞの竹豹ぞ」と問ひければ、詮(せ)に言はんと思ふ「竹豹」を、先に言はれにければ、言ふべきことなくて、ふと逃げて、走り入りにけり。 
 + 
 +このこと、上まで聞こし召して、なかなかゆゆしき興にてありけるとかや。先に行綱に謀(はか)られたりける当りとぞ、言ひける。 
 + 
 +===== 翻刻 ===== 
 + 
 +  是も今はむかし陪従はさもこそとはいひなからこれは世になき 
 +  ほとさるかくなりけり堀川院の御時内侍所の御かくらの 
 +  夜仰にて今夜めつらしからん事仕れと仰ありけれは職 
 +  事家綱をめして此よし仰けり承て何事をかせましと 
 +  あんしておとと行綱をかたすみにまねきよせてかかる事 
 +  おほせくたされたれはわかあんしたる事のあるはいかかあるへき 
 +  といひけれはいかやうなる事をせさせ給はんするそと云に 
 +  家綱かいふやう庭火しろく焼たるに袴をたかくひきあけて 
 +  ほそはきをいたしてよりによりに夜のふけさりにさりにさむ/76オy155 
 + 
 +  きにふりうふりをありちうあふらんといひて庭火を三 
 +  めくりはかり走めくらんとおもふいかかあるきといふに行綱 
 +  かいはくさも侍なんたたし大やけの御前にてほそはきかき 
 +  いたしてふくりあふらんなとさふらはむはひんなくや候へからんと 
 +  いひけれは家綱まことにさいはれたりさらはこと事をこそせめ 
 +  かしこ申あはせてけりといひける殿上人なと仰を奉りた 
 +  れはこよひいかなる事をせんすらんと目をすましてまつに 
 +  人長家綱めすとめせは家綱出てさせる事なきやうにて 
 +  入ぬれは上よりもそのこととなきやうにおほしめす程に人長又 
 +  すすみて行綱めすとめす時行綱誠にさむけなる気色 
 +  をしてひさをももまてかきあけてほそはきを出してわなな 
 +  きさむけなるこゑにてよりによりに夜のふけてさりにさりにさむきに 
 +  ふりちうふくりをありちうあふらんといひて庭火を十まはり/76ウy156 
 + 
 +  はかり走廻りたりけるに上より下さまにいたるまて大かたとよ 
 +  みたりけり家綱かたすみにかくれてきやつにかなしうはかられ 
 +  ぬるこそとて中たかひて目も見あはせすしてすくるほとに 
 +  家綱思けるははかられたるはにくけれとさてのみやむへきに 
 +  あらすと思て行綱にいふやうこの事さのみそあるさりとて兄 
 +  弟の中たかひはつへきにあらすといひけれは行綱喜てゆ 
 +  きむつひけり賀茂の臨時祭の帰たちに御神楽のあるに 
 +  行綱家綱にいふやう人長めしたてん時竹台のもとによりて 
 +  そそめかんするにあれはなんする物そとはやい給へその時ちくへう 
 +  そちくへうそといひてへうのまねをつくさんといひけれは家綱ことに 
 +  もあらすてのきははやさんと事うけしつさて人長たちすすみて 
 +  行綱めすといふ時に行綱やをらたちて竹の台のもとにより 
 +  てはいありきてあれはなにするそやといははそれにつきてちくへう/77オy157 
 + 
 +  そといはむと待程に家綱かれはなんそのちくへうそと問けれは 
 +  ​詮にいはんとおもふちくへうをさきにいはれにけれいふき事 
 +  ​なくてふとにて走入にけりこの事上まてきこしめして 
 +  中々ゆゆしき興にてそ有けるとかやさきに行綱にはから 
 +  れたりける当とそいひける/77ウy158
  
-この事、上まできこしめして中中ゆゆしき興にてぞ有けるとかや。さきに行綱にはかられたりける当とぞ、いひける。 


text/yomeiuji/uji074.txt · 最終更新: 2018/04/04 17:52 by Satoshi Nakagawa