Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第73話(巻5・第4話)範久阿闍梨、西方を後にせざる事

範久阿闍梨西方ヲ後ニセサル事

範久阿闍梨、西方を後にせざる事

是も今はむかし、範久阿闍梨といふ僧ありけり。山の楞厳院にすみけり。ひとへに極楽をねがふ。行住坐臥、西方をうしろにせず。つはきをはき、大小便西にむかはず。入日をせなかにをはず。西坂より山へのぼるときは、身をそばだててあゆむ。

つねにいはく、「うへ木のたをるる事、かならずかたぶく方にあり。心を西方にかけんに、なんぞ心ざしをとげざらん。臨終正念うたがはず」となむいひける。

往生伝に入たりとか。

text/yomeiuji/uji073.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa