Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第71話(巻5・第2話)伏見修理大夫のもとヘ、殿上人ども行き向ふ事

伏見修理大夫許ヘ殿上人共行向事

伏見修理大夫のもとヘ、殿上人ども行き向ふ事

校訂本文

これも今は昔、伏見修理大夫1)のもとへ、殿上人二十人ばかり押し寄せたりけるに、にはかに騒ぎにけり。肴物とりあへず、沈地のの机に、時の物ども色々、ただおしはかるべし。

盃、たびたびになりて、おのおのたはぶれ出でけるに、厩(うまや)に、黒馬の額少し白きを、二十疋たてたりけり。移(うつし)の鞍二十具、鞍掛(くらかけ)にかけたりけり。殿上人、酔(ゑ)ひ乱れて、おのおのこの馬に移の鞍置きて、乗せて返しにけり。

つとめて、「さても、昨日、いみじくしたるものかな」と言ひて、「いざ、また押し寄せん」と言ひて、また二十人、押し寄せたりければ、このたびは、さる体(てい)にして、にはかなるさまは昨日にかはりて、炭櫃(すびつ)を飾りたりけり。厩を見れば、黒栗毛なる馬をぞ、二十疋までたてたりける。これも額白かりけり。

おほかた、かばかりの人はなかりけり。これは宇治殿2)の御子におはしけり。されども、公達多くおはしましければ、橘の俊遠3)といひて、世の中の徳人ありけり、その子になして、かかるさまの人にぞ、なさせ給たりけるとか。

翻刻

これもいまは昔伏見修理大夫のもとへ殿上人廿人はかりをし
よせたりけるに俄かにさはきにけり肴物とりあへす沈地のの机に
時の物とも色々たたをしはかるへし盃たひたひになりてをのをの
たはふれいてけるに厩に黒馬の額すこし白きを二十疋たて
たりけり移の鞍廿具くらかけにかけたりけり殿上人酔み
たれてをのをの此馬にうつしの鞍をきてのせて返しにけり
つとめてさても昨日いみしくしたる物かなといひていさ又をし
よせんといひて又廿人押寄たりけれはこのたひはさるていに
して俄なるさまは昨日にかはりてすひつをかさりたりけり
厩をみれは黒栗毛なる馬をそ廿疋まてたてたりけるこれも
ひたい白かりけり大かたかはかりの人はなかりけりこれは宇治殿
の御子におはしけりされとも公達おほくおはしましけれは橘の
俊遠といひて世中の徳人ありけり其子になしてかかるさまの/74ウy152
人にそなさせ給たりけるとか/75オy153
1)
藤原俊綱・橘俊綱
2)
藤原頼通
3)
橘俊遠
text/yomeiuji/uji071.txt · 最終更新: 2018/03/26 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa