Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第70話(巻5・第1話)四宮河原の地蔵の事

四宮河原地蔵事

四宮河原の地蔵の事

これもいまはむかし、山科の道づらに、四宮かはらといふ所にて袖くらべといふ、商人あつまる所あり。その辺に下すのありける。地蔵菩薩を一体つくりたてまつりたりけるを、開眼もせで櫃にうち入て、おくの部屋などおぼしき所におさめをきて、世のいとなみにまぎれて、程へにければ、忘にけるほどに、三四年斗過にけり。

ある夜夢に、大路をすぐるもののこゑたかに人よぶ声のしければ、「なに事ぞ」ときけば、「地蔵こそ、地蔵こそ」とたかくこの家の前にていふなれば、おくのかたより、「何事ぞ」といらふるこゑす也。「明日、天帝尺の地蔵会したまふには、まいらせ給はぬか」といへば、此小家の内より、「まいらんと思へども、まだ目のあかねば、えまいるまじきなり」といへば、「構てまいり給へ」といへば、「目もみえねば、いかでかまいらん」といふ声す也。

うちおどろきて、「なにのかくは夢にみえつるにか」とおもひまはすに、あやしくて、夜明ておくのかたをよくよくみれば、此地蔵をおさめてをきたてまつりたりけるを思いでて、見いだしたりけり。

「これがみえ給にこそ」とおどろきおもひて、いそぎ開眼したてまつりけるとなん。

text/yomeiuji/uji070.txt · 最終更新: 2015/02/22 21:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa