Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第69話(巻4・第17話)慈恵僧正、戒壇築きたる事

慈恵僧正戒壇築タル事

慈恵僧正、戒壇築きたる事

校訂本文

これも今は昔、慈恵僧正1)は近江国浅井郡の人なり。叡山の戒壇を、人夫かなはざりければ、え築(つ)かざりけるころ、浅井の郡司は親しき上に、師壇にて仏事を修するあひだ、この僧正を請じ奉りて、僧膳の料に、前にて大豆を炒りて酢をかけけるを、「何しに酢をばかくるぞ」と問はれければ、郡司いはく、「温かなる時、酢をかけつれば、すむつがりとて、にがみて、よく挟まるるなり。しからざれば、滑りて挟まれぬなり」と言ふ。

僧正のいはく、「いかなりとも、なじかは、挟まぬやうはあるべき。投げやるとも、挟み食ひてん」とありければ、「いかでか、さることあるべき」とあらがひけり。

僧正、「勝ち申なば、異事(ことごと)はあるべからず。戒壇を築きて賜へ」とありければ、「やすきこと」とて、炒り豆を投げやるに、一間ばかり退(の)きて居給ひて、一度も落さず挟まれけり。見る者、あさまずといふことなし。

柚の実(さね)の、ただ今絞り出だしたるを、混ぜて投げやりたりけるをぞ、挟み滑らかし給ひたりけれど、落しもたてず、やがてまた挟みとどめ給ひける。

郡司、一家広き者なれば、人数をおこして、不日に戒壇を築きてけりとぞ。

翻刻

これも今はむかし慈恵僧正は近江国浅井郡の人也叡山
の戒壇を人夫かなはさりけれはえつかさりける比浅井の郡司は
したしきうへに師壇にて仏事を修する間此僧正を請し
たてまつりて僧膳の料に前にて大豆をいりて酢をかけける
をなにしに酢をはかくるそととはれけれは郡司いはくあたた
かなる時酢をかけつれはすむつかりとてにかみてよくはさまるる/73オy149
なりしからされはすへりてはさまれぬなりといふ僧正のいはく
いかなりともなしかははさまぬやうはあるへきなけやるともはさみ
くひてんとありけれはいかてかさる事あるへきとあらかひけり
僧正勝申なはこと事はあるへからす戒壇を築てたまへと
ありけれはやすき事とていりまめをなけやるに一間はかり
のきて居給て一度もおとさすはさまれけりみるものあさま
すといふ事なし柚のさねのたたいましほりいたしたるをませて
なけやりたりけるをそはさみすへらかし給たりけれとおとし
もたてすやかて又はさみととめ給ける郡司一家ひろきもの
なれは人数をおこして不日に戒壇を築てけりとそ/73ウy150
1)
良源
text/yomeiuji/uji069.txt · 最終更新: 2018/03/26 14:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa