Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第67話(巻4・第15話)永超僧都、魚食の事

永超僧都魚食事

永超僧都、魚食の事

これも今は昔、南京の永超僧都は、魚なきかぎりは時・非時もすべてくはざりける人なり。公請つとめて、在京のあひだ、ひさしくなりて、魚をくはでくづおれてくだるあひだ、なしまの丈六堂の辺にてひるわりごくふに、弟子一人、近辺の在家にて魚をこひてすすめたりけり。

件の魚のぬし、後にはゆめにみるやう、おそろしげなる物ども、そのへんの在家をしるしけるに、我家をしるしのぞきければ、たづぬる処に、使のいはく「永超僧都に魚たてまつる所也。さて、しるしのぞく」といふ。

そのとし、このむらの在家ことごとくゑやみをして、死ぬるものおほかり。此魚のぬしが家ただ一宇、その事をまぬがる。よりて僧都のもとへまいりむかひてこのよしを申。

僧都、此よしを聞て、かづけ物一重たびてぞ、かへされける。

text/yomeiuji/uji067.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa