Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第67話(巻4・第15話)永超僧都、魚食の事

永超僧都魚食事

永超僧都、魚食の事

校訂本文

これも今は昔、南京の永超僧都は、魚なきかぎりは時・非時もすべて食はざりける人なり。

公請勤めて、在京のあひだ、久しくなりて、魚を食はで、くづほれて下るあひだ、奈島(なしま)の丈六堂の辺にて、昼破子(ひるわりご)食ふに、弟子一人、近辺の在家にて、魚を乞ひて勧めたりけり。

件の魚の主(ぬし)、後には夢に見るやう、恐しげなる物ども、その辺(へん)の在家を記しけるに、わが家を記し除きければ、尋ぬるところに、使のいはく、「永超僧都に魚奉る所なり。さて、記し除く」と言ふ。

その年、この村の在家、ことごとく疫病(えや)みをして、死ぬる者多かり。この魚の主が家、ただ一宇、そのことを免(まぬ)かる。

よりて、僧都のもとへ参り向ひて、このよしを申す。僧都、このよしを聞きて、かづけ物一重賜びてぞ、帰されける。

翻刻

これも今は昔南京の永超僧都は魚なきかきりは時非時も/72オy147
すへてくはさりける人なり公請つとめて在京のあひたひさしく
なりて魚をくはてくつおれてくたるあひたなしまの丈六堂の
辺にてひるわりこくふに弟子一人近辺の在家にて魚をこひ
てすすめたりけり件の魚のぬし後にはゆめにみるやうおそろし
けなる物ともそのへんの在家をしるしけるに我家をしるし
のそきけれはたつぬる処に使のいはく永超僧都に魚たて
まつる所也さてしるしのそくといふそのとしこのむらの在家
ことことくゑやみをして死ぬるものおほかり此魚のぬし
か家たた一宇その事をまぬかるよりて僧都のもとへ
まいりむかひてこのよしを申僧都此よしを聞てかつけ
物一重たひてそかへされける/72ウy148
text/yomeiuji/uji067.txt · 最終更新: 2018/03/18 22:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa