Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第66話(巻4・第14話)白川院御寝の時、物に襲はれさせ給ふ事

白川院御寝時物ニヲソワレサセ給事

白川院御寝の時、物に襲はれさせ給ふ事

校訂本文

これも今は昔、白河院1)、御とのごもりて後(のち)、物に襲はれさせ給ひける。

「しかるべき武具を御枕の上に置くべし」と沙汰ありて、義家朝臣2)に召されければ、檀(まゆみ)の黒塗りなるを、一張、参らせたりけるを、御枕に立てられて後、襲はれさせおはしまさざりければ、御感ありて、「この弓は十二年の合戦3)の時や持ちたりし」と御尋ねありければ、覚えざるよし、申されけり。

上皇、しきりに御感ありけるとか。

翻刻

これも今はむかし白河院御とのこもりてのち物におそはれ
させ給けるしかるへき武具を御枕のうへにをくへしとさた
ありて義家朝臣にめされけれはまゆみのくろぬりなるを
一張まいらせたりけるを御枕にたてられてのちおそはれさせ
おはしまささりけれは御感ありてこの弓は十二年の合戦の
時や持たりしと御尋ありけれはおほえさるよし申されけり
上皇しきりに御感ありけるとか/72オy147
1)
白河上皇
2)
源義家
3)
前九年の役
text/yomeiuji/uji066.txt · 最終更新: 2018/03/18 21:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa