Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第65話(巻4・第13話)智海法印、癩人法談の事

智海法印癩人法談事

智海法印、癩人法談の事

校訂本文

これも今は昔、智海法印、有職の時、清水寺へ百日参りて、夜更けて下向しけるに、橋の上に、「唯円教意、逆即是順、自余三教、逆順定故」といふ文を誦する声あり。「貴きことかな。いかなる人の誦するならん」と思ひて、近う寄りて見れば、白癩人なり。

傍らに居て、法文のことを言ふに、智海、ほとほと言ひまはされけり。「南北二京に、これほどの学生あらじものを」と思ひて、「いづれの所にあるぞ」と問ひければ、「この坂に候ふなり」と言ひけり。

後に、たびたび尋ねけれど、尋ね合はずして、やみにけり。「もし他人にやありけん」と思ひけり。

翻刻

是もいまはむかし智海法印有職の時清水寺へ百日まいりて
夜更て下向しけるに橋の上に唯円教意逆即是順自余三
教逆順定故といふ文を誦するこゑありたうとき事かな
いかなる人の誦するならんと思てちかうよりてみれは白癩人/71ウy146
なりかたはらにゐて法文の事をいふに智海ほとほと云まは
されけり南北二京にこれほとの学生あらし物をとおもひて
いつれの所にあるそと問けれはこの坂に候なりといひけり後に
たひたひ尋けれとたつねあはすしてやみにけりもし他人に
やありけんとおもひけり/72オy147
text/yomeiuji/uji065.txt · 最終更新: 2018/03/18 19:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa