Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第65話(巻4・第13話)智海法印、癩人法談の事

智海法印癩人法談事

智海法印、癩人法談の事

是もいまはむかし、智海法印、有職の時、清水寺へ百日まいりて、夜更て下向しけるに、橋の上に「唯円教意、逆即是順、自余三教、逆順定故」といふ文を誦するこゑあり。「たうとき事かな。いかなる人の誦するならん」と思て、ちかうよりてみれば、白癩人なり。

かたはらにゐて、法文の事をいふに、智海ほとほと云まはされけり。「南北二京にこれほどの学生あらじ物を」とおもひて、「いづれの所にあるぞ」と問ければ、「この坂に候なり」と、いひけり。

後にたびたび尋けれど、たづねあはずしてやみにけり。「もし他人にやありけん」とおもひけり。

text/yomeiuji/uji065.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa