Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第62話(巻4・第10話)篤昌・忠恒等の事

篤昌忠恒等事

篤昌・忠恒等の事

これもいまはむかし、民部大夫篤昌といふもの有けるを、法性寺殿御時、蔵人所の所司に、よしすけとかや云者ありけり。件の篤昌を役に催しけるを「我はか様の役にすべきものにもあらず」とてまいらざりけるを、所司、小舎人をあまた付て、苛法に催しければ参にけり。

さて、先所司に「物申さむ」とよびければ、出あひたるに、この世ならず腹立て、「かやうの役にもよほし給ふは、いかなる事ぞ。先、篤昌をばいかなる物としり給たるぞ。奉らん」としきりに責けれど、しばしは物もいはでゐたりけるをしかりて、「の給へ。先篤昌がありやうをうけ給はらん」といたうせめければ、「別の事候はず。民部大夫五位の、はなあかきにこそしり申たれ」といひたりければ、「をう」といひて逃にけり。

又、此所司がゐたりけるまへを、ただつねといふ随身、ことやうにてねりとほりけるをみて、「わりある随身のすがたかな」と忍やうにいひけるを、耳とく聞きて、随身、所司はまへに立帰て、「わりあるとはいかにのたまふ事ぞ」ととがめければ、「我は人のわりのあるなしもえしらぬに、ただいま武正府生のとほられつるを、この人々『わりなきもののやうだいかな』と、いひあはれつるに、すこしもに給はねば、『さてはもし、わりのおはするか』とおもひて申したりつるなり」といひたりければ、ただつね、「をう」といひてにげけり。

この所司をば「あら所司」とぞ、つけたりけるとか。

text/yomeiuji/uji062.txt · 最終更新: 2014/10/05 17:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa