Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第61話(巻4・第9話)業遠朝臣、蘇生の事

業遠朝臣蘇生事

業遠朝臣、蘇生の事

校訂本文

これも今は昔、業遠朝臣1)、死ぬる時、御堂の入道殿2)、仰せられけるは、「言ひ置くべきことあらむかし。不便のことなり」とて、解脱寺の観修僧正を召して、業遠が家に向ひ給ひて、加持する間、死人、たちまちに蘇生して、要事を言ひて後、また、目を閉ぢてけりとか。

翻刻

これもいまはむかし業遠朝臣死る時御堂の入道殿仰られけるは
いひをくへき事あらむかし不便の事なりとて解脱寺の観修
僧正をめして業遠か家にむかひ給て加持する間死人忽に蘇
生して要事をいひて後又めを閉てけりとか/70オy143
1)
高階業遠
2)
藤原道長
text/yomeiuji/uji061.txt · 最終更新: 2018/03/08 21:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa