ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji059

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji059 [2018/03/08 19:15]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji059 [2018/03/08 21:26] (現在)
Satoshi Nakagawa [第59話(巻4・第7話)三河の入道、遁世の間の事]
ライン 5: ライン 5:
  
 **三河の入道、遁世の間の事** **三河の入道、遁世の間の事**
 +
 +===== 校訂本文 =====
  
 三河入道((寂照・寂昭・大江定基))、いまだ俗にてありける折、もとの妻をば去りつつ、若く形よき女に思ひ付きて、それを妻にて三河へ率(ゐ)て下りけるほどに、その女、久しくわづらひて、良かりける形も衰へて、失せにけるを、かなしさのあまりに、とかくもせで、夜も昼も語らひ臥して、口を吸ひたりけるに、あさましき香の口より出で来たりけるにぞ、うとむ心出で来て、泣く泣く葬(はふ)りてける。 三河入道((寂照・寂昭・大江定基))、いまだ俗にてありける折、もとの妻をば去りつつ、若く形よき女に思ひ付きて、それを妻にて三河へ率(ゐ)て下りけるほどに、その女、久しくわづらひて、良かりける形も衰へて、失せにけるを、かなしさのあまりに、とかくもせで、夜も昼も語らひ臥して、口を吸ひたりけるに、あさましき香の口より出で来たりけるにぞ、うとむ心出で来て、泣く泣く葬(はふ)りてける。


text/yomeiuji/uji059.txt · 最終更新: 2018/03/08 21:26 by Satoshi Nakagawa