Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第55話(巻4・第3話)薬師寺の別当の事

薬師寺別当事

薬師寺の別当の事

いまはむかし、薬師寺の別当僧都といふ人ありけり。別当はしけれども、ことに寺の物もつかはで、極楽に生れん事をなんねがひける。

年老、やまひして、死ぬるきざみになりて、念仏してきえいらんとす。無下にかぎりとみゆるほどに、よろしうなりて、弟子をよびていふやう、「みるやうに念仏は他念なく申てしぬれば、『極楽のむかへいますらん』とまたるるに、極楽のむかへはみえずして、火の車をよす。『こはなんぞ。かくはおもはず。なにの罪によりて、地獄の迎へはきたるぞ』といひつれば、車につきたる鬼どものいふやう『此寺の物を一とせ五斗かりて、いまだ返さねば、其罪によりてこのむかへはえたる也』といひつれば、我いひつるは、『さばかりの罪にては、ぢごくに落べきやうなし。その物を返してん』といへば、火車をよせて待なり。されば、とくとく一石ずきやうにせよ」といひければ、弟子ども、手まどひをしていふままに、誦経にしつ。その鐘のこゑのするおり火車帰ぬ。

さて、とばかりありて、「火の車帰て、極楽のむかへ、今なんおはする」とて、手をすりて悦つつおはりにけり。

その坊は薬師寺の大門の北の脇にある坊なり。いまだそのかたうせずしてあり。さばかり程の物つかひたるにだに、火車むかへにきたる。まして寺の物を心のままにつかひたる、諸寺の別当のぢごくのむかへこそ、おもひやらるれ。

text/yomeiuji/uji055.txt · 最終更新: 2015/02/11 22:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa