Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第54話(巻4・第2話)佐渡国に金有る事

佐渡国ニ有金事

佐渡国に金有る事

校訂本文

能登国には、鉄(くろがね)といふものの、素鉄(すがね)といふほどなるを取りて、守に取らする者、六十人ぞあんなる。実房1)といふ守の任に、鉄取り、六十人が長なりけるものの、「佐渡国にこそ、金(こがね)の花咲きたる所ありしか」と人に言ひけるを、守、伝へ聞きて、その男を、守、呼び取りて、物取らせなどして、すかし問ひければ、「佐渡の国は、まことの金の侍るなり。候ひし所を見置きて侍るなり」と言へば、「さらば、行きて取りて来なんや」と言へば、「遣はさば、まかり候はん」と言ふ。

「さらば、舟を出だしたてん」と言ふに、「人をば給はり候はじ。ただ、小舟一つと、食ひ物少しとを給はり候ひて、まかり至りて、もしやと、取りて参らん」と言へば、ただ、これが言ふにまかせて、人にも知らせず、小舟一つと食ふべき物少しとを取らせたりければ、それを見て、佐渡国へ渡りにけり。

一月ばかりありて、うち忘れたるほどに、この男、ふと来て、守に目を見合はせたりければ、守、心得て、人づてには取らで、みづから出で合ひたりければ、袖移しに、黒ばみたるさいでに包みたる物を取らせたりければ、守、重げに引き下げて、懐(ふところ)に引き入れて、帰り入りにけり。

その後、その金取りの男は、いづちともなく失せにけり。よろづに尋ねけれども、行方も知らず、やみにけり。いかに思ひて失せたりといふことを知らず。「『金のあり所を、問ひ尋ねやする』と思ひけるにや」とぞ疑ひける。その金は千両ばかりありけるとぞ、語り伝へたる。

かかれば、佐渡国には、金ありけるよしと、能登国の者ども、語りけるとぞ。

翻刻

能登国には鉄といふもののすかねといふ程なるを取て守に
とらするもの六十人そあんなるさね房といふ守の任にくろかね
とり六十人か長なりけるものの佐渡国にこそこかねの花
さきたる所ありしかと人にいひけるを守つたへききてその
男を守よひとりて物とらせなとしてすかし問けれはさとの
国はまことの金の侍なり候し所をみをきて侍なりといへは
さらはいきてとりてきなんやといへはつかはさはまかり候はん
といふさらは舟をいたしたてんといふに人をは給はり候はし
たた小舟一とくひ物すこしとを給候てまかりいたりてもし
やととりてまいらんといへはたたこれかいふにまかせて人にも/61ウy126
しらせす小舟一とくふへき物すこしとをとらせたりけれは
それをみて佐渡国へわたりにけり一月はかりありてうち
わすれたるほとにこの男ふときて守に目をみあわせたりけれ
は守心えて人つてにはとらてみつから出合たりけれは袖
うつしにくろはみたるさいてにつつみたる物をとらせたり
けれは守をもけにひきさけてふところにひき入てかえり入に
けりそののちそのかねとりの男はいつちともなくうせに
けりよろつに尋けれとも行方もしらすやみにけりいかに
思て失たりといふ事をしらす金のあり所をとひ尋やする
と思けるにやとそうたかひけるその金は千両はかりあり
けるとそかたりつたへたるかかれは佐渡国には金ありけるよしと
能登国のものともかたりけるとそ/62オy127
1)
藤原実房
text/yomeiuji/uji054.txt · 最終更新: 2018/03/08 21:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa