Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第52話(巻3・第20話)狐、家に火付く事

狐家ニ火付事

狐、家に火付事

今はむかし、甲斐国にたちの侍なりけるものの、夕ぐれに舘をいでて、家ざまに行けるに、道に狐のあひたりけるを、追かけて引目していければ、狐の腰に射あててけり。狐、いまろばされて、鳴わびて、こしを引つつ草に入にけり。此男、ひきべをとりて行程に、この狐、腰をひきてさきにたちて行に、「又いん」とすれば、失にけり。

家、いま四五町とみえて行程に、此狐二町斗先だちて、火をくはへて走ければ、「火をくはへてはしるは、いかなる事ぞ」とて、馬をもはしらせけれども、家のもとに走よりて、人になりて、火を家につけてけり。「人のつくるにこそありけれ」とて、矢をはげて走らせけれども、つけはててければ、狐に成て草の中にはしり入て失にけり。さて、家焼にけり。

かかるものも、たちまちに、あだをむくう也。これをききて、かやうのものをば、かまへててうずまじきなり。

text/yomeiuji/uji052.txt · 最終更新: 2014/09/30 19:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa