Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第51話(巻3・第19話)一条摂政、歌の事

一条摂政哥事

一条摂政、歌の事

校訂本文

今は昔、一条摂政1)とは東三条殿2)の兄におはします。

御形(かたち)より始め、心用ゐなど、めでたく、才(ざえ)・ありさま、まことしくおはしまし、また、色めかしく、女をも多く御覧じ興ぜさせ給ひけるに、少し軽々(きやうきやう)に思えさせ給ひければ、御名を隠させ給ひて、「大蔵の丞豊蔭(とよかげ)」と名乗り、上ならぬ女のがりは、御文(おんふみ)もつかはしける。懸想(けさう)せさせ給ひ、逢はせ給ひもしけるに、みな人、さ心得て、知り参らせたり。

やむごとなく良き人の、姫君のもとへ、おはしまし初めにけり。乳母(めのと)・母などを語らひて、父には知らせさせ給はぬほどに、聞き付けて、いみじく腹立ちて、母をせため、爪弾きをして、いたくのたまひければ、「さることなし」とあらがひて、「まだしきよしの文、書きて賜べ」と、母君のわび申したりければ、

  人知れず身は急げども年を経てなど越えがたき逢坂の関

とて、つかはしたりければ、父に見すれば、「さては、そらごとなりけり」と思ひて、返し、父のしける、

  あづまぢに行きかふ人にあらぬ身はいつかは越えむ逢坂の関3)

「豊蔭4)見て、ほほ笑まれけんかし」と、御集5)にあり。をかしく。

翻刻

いまはむかし一条摂政とは東三条殿の兄におはします御
かたちよりはしめ心もちひなとめてたくさえありさままこと/59ウ122
しくおはしましまた色めかしく女をもおほくこらんしけうせ
させ給けるにすこしきやうきやうにおほえさせ給けれは御名をか
くさせ給て大蔵のせうとよかけとなのりうへならぬ女のかり
は御ふみもつかはしけるけさうせさせ給あはせ給もしける
に皆人さ心えてしりまいらせたりやむことなくよき人の
ひめ君のもとへおはしましそめにけりめのと母なとをかたら
ひて父にはしらせさせ給はぬほとにききつけていみしく
腹たちて母をせためつまはしきをしていたくのたまひけれは
さることなしとあらかひてまたしきよしの文かきてたへとはは
きみのわひ申たりけれは
  人しれす身はいそけとも年をへてなと(そイ)こえかたき逢坂の関
とてつかはしたりけれは父にみすれはさてはそらことなりけりと
おもひて返しちちのしける/60オy123
  あつまちにゆきかふ人にあらぬ身はいつかは越む逢坂の関
とよかけみてほほえまれけんかしと御集にありおかしく/60ウy124
1)
藤原伊尹
2)
藤原兼家
3)
『後撰和歌集』によると、小野好古女の作。したがって、この説話での「父」は小野好古ということになる。
4)
藤原伊尹を指す
5)
『一条摂政御集』
text/yomeiuji/uji051.txt · 最終更新: 2018/03/08 21:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa