Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第51話(巻3・第19話)一条摂政、哥の事

一条摂政哥事

一条摂政、哥の事

いまはむかし、一条摂政とは東三条殿の兄におはします。御かたちよりはじめ、心もちひなど、めでたく、ざえありさま、まことしくおはしまし、また色めかしく、女をもおほくごらんじけうぜさせ給けるに、すこしきやうきやうにおぼえさせ給ければ、御名をかくさせ給て「大蔵のぜうとよかげ」となのり、うへならぬ女のがりは、御ふみもつかはしける。けさうをさせ給、あはせ給もしけるに、皆人、さ心えて、しりまいらせたり。

やむごとなく、よき人のひめ君のもとへ、おはしましそめにけり。めのと母などをかたらひて、父にはしらせさせ給はぬほどに、ききつけて、いみじく腹たちて、母をせため、つまはじきをして、いたくのたまひければ、「さることなし」とあらがひて、「まだしきよしの文かきてたべ」とははぎみのわび申たりければ、

  人しれず 身はいそげども 年をへて など[ぞト異本注記アリ]こえがたき 逢坂の関

とて、つかはしたりければ、父にみすれば「さては、そらごとなりけり」と、おもひて、返し、ちちのしける

  あづまぢに ゆきかふ人に あらぬ身は いつかは越む 逢坂の関

とよかげみて、ほほえまれけんかしと、御集にあり。おかしく。

text/yomeiuji/uji051.txt · 最終更新: 2014/09/30 19:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa