Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第48話(巻3・第16話)雀、報恩の事

雀報恩事

雀、報恩の事

今は昔、春つかた、日うららかなりけるに、六十ばかりの女のありけるが、虫うち取りて居たりけりるに、庭に雀のし歩(あり)きけるを、童部(わらはべ)、石を取りて打ちたれば、当りて、腰をうち折られけり。

羽をふためかしてまどふほどに、烏のかけり歩(あり)きければ、「あな心憂(こころう)。烏取りてん」とて、この女、急ぎ取りて、息しかけなどして、物食はす。小桶に入れて、夜は納む。明くれば米食はせ、銅、薬にこそげて食はせなどすれば、子ども、孫など、「あはれ、女刀自(とじ)は、老ひて雀飼はるる」とて、にくみ笑ふ。

かくて、月ごろよくつくろへば、やうやう踊り歩(あり)く。雀の心にも、かく養ひ生けたるを、「いみじく嬉し、嬉し」と思ひけり。あからさまにものへ行くとても、人に「この雀見よ。物食はせよ」など、言ひ置きければ、子・孫など、「あはれ、何でふ、雀飼はるる」とて、にくみ笑へども、「さはれ、いとほしければ」とて飼ふほどに、飛ぶほどになりにけり。

「今は、よも烏に取られじ」とて、外に出でて、手に据ゑて、「飛びやする。見ん」とて、ささげたれば、ふらふらと飛びて往ぬ。女、多くの月ごろ日ごろ、暮るれば納め、明くれば物食はせならひて、「あはれや、飛びて往ぬるよ。また来やすると見ん」など、つれづれに思ひて言ひければ、人に笑はれけり。

さて、二十日ばかりになりて、この女の居たる方に、雀のいたく鳴く声しければ、「雀こそいたく鳴くなれ。ありし雀の来るにやあらん」と思ひて、出でて見れば、この雀なり。「あはれに、忘れず来たるこそ、あはれなれ」と言ふほどに、女の顔をうち見て、口より露ばかりの物を落し置くやうにして、飛びて往ぬ。

女、「何にかあらむ。雀の落して往ぬる物は」とて、寄りて見れば、杓(ひさこ)の種をただ一つ、落して置きたり。「持(も)て来たる、やうこそあらめ」とて、取りて、持ちたり。「あな、いみじ。雀の物得て、宝にし給ふ」とて、子ども笑へば、「さはれ、植ゑて見ん」とて、植ゑたれば、秋になるままに、いみじく多く生ひ広ごりて、なべての杓(ひさこ)にも似ず、おほきに多くなりたり。

女、悦び興じて、里隣の人々も食はせ、取れども取れども1)尽きもせず多かり。笑ひし子・孫も、これを明け暮れ食ひてあり。一里配りなどして、はてには、まことにすぐれて大きなる七つ八つは「杓(ひさこ)にせん」と思ひて、内に釣り付けて置きたり。

さて月ごろ経て、「今はよくなりぬらん」とて見れば、よくなりにけり。取りおろして、口開けんとするに、少し重し。怪しけれども、切り開けて見れば、物ひとはた入りたり。「何にかあるらん」とて、移して見れば、白米の入りたるなり。

「思ひかけず。あさまし」と思ひて、大きなる物にみな移したるに、同じやうに入りてあれば、「ただごとにはあらざりけり。雀のしたるにこそ」と、あさましく、嬉しければ、物に入れて隠し置きて、残りの杓どもを見れば、同じやうに入りてあり。これを移し移し使へば、せんかたなく多かり。さて、まことにたのしき人にぞなりにける。隣里の人も、見あさみ、いみじきことに羨みけり。

この隣にありける女の、子どもの言ふやう「同じことなれど、人はかくこそあれ。はかばかしきことも、えし出で給はぬ」など言はれて、隣の女、この女のもとに来たりて、「さてもさても、こはいかなりしことぞ。『雀の』などはほの聞けど、よくはえ知らねば、もとありけんままにのたまへ」と言へば、「杓(ひさご)の種を一つ落したりし、植ゑたりしより、あることなり」とて、細かにも言はぬを、「なほ、ありのままに、細かにのたまへ」と、せつに問へば、「心狭(せば)く、隠すべきことかは」と思ひて、「かうかう、腰折れたる雀のありしを、飼ひ生けたりしを、『嬉し』と思ひけるにや、杓の種を一つ持ちて来たりしを、植ゑたれば、かくなりたるなり」と言へば、「その種、ただ一つ賜べ」と言へば、「それに入りたる米などは参らせん。種はあるべきことにもあらず。さらに、えなん散らすまじ」とて、取らせねば、「われも、いかで腰折れたらん雀見付けて、飼はん」と思ひて、目を立てて見れど、腰折れたる雀、さらに見えず。

つとめてごとにうかがひ見れば、背戸(せど)の方(かた)に米の散りたるを食ふとて、雀の踊り歩(あり)くを、石を取りて、「もしや」とて打てば、あまたの中に度々(たびたび)打てば、おのづから打ち当てられて、え飛ばぬあり。悦びて寄りて、腰よくうち折りて後に取りて、物食はせ、薬食はせなどして、置きたり。

「一つが徳をだにこそ見れ、まして、あまたならば、いかにたのしからん。あの隣の女にはまさりて、子どもに讃められん」と思ひて、この内に米まきて、うかがひ居たれば、雀ども集まりて、食ひに来たれば、また打ち打ちしければ、三つ打ち折りぬ。「今は、かばかりにてありなん」と思ひて、腰折れたる雀三つばかり、桶に取り入れて、銅こそげて、食はせなどして、月ごろ経るほどに、みなよくなりにたれば、悦びて、外(と)に取り出でたれば、ふらふらと飛びて、みな往ぬ。「いみじきわざしつ」と思ふ。雀は腰打ち折られて、かく月ごろこめ置きたるを、「よにねたし」と思ひけり。

さて十日ばかりありて、この雀ども来たれば、悦びて待つ。「口に物やくはへたる」と見るに、杓(ひさこ)の種を一つづつ、みな落して往ぬ。「さればよ」と嬉しくて、取りて、三つ所に急ぎ植ゑけり。

例よりもするすると生ひ立ちて、いみじく大きになりたり。これは、いと多くもならず。七・八ぞなりたる。女、笑みまげて見て、子どもに言ふやう、「『はかばかしきこと、しいでず』と言ひしかど、われはこの隣の女にはまさりなん」と言へば、「げに、さもあらなん」と思ひたり。

これは数(かず)の少なければ、「米多く取らん」とて、人にも食はせず、われも食はず。子どもが言ふやう、「隣の女は、里隣の人にも食はせ、われも食ひなどこそせしか。これは、まして三つが種なり。われも人にも食はせらるべきなり」と言へば、「さも」と思ひて、「近き隣の人にも食はせ、われも、子どもにも、もろともに食はせん」とて、おほらかに煮て食ふに、苦きこと、物にも似ず。黄蘗(きはだ)などのやうにて、心地まどふ。食ひと食ひたる人々も、子どもも、われも、ものを吐(つ)きてまどふほどに、隣の人どもも、みな心地を損じて、来集まりて、「こはいかなる物を食はせつるぞ。あな恐し。つゆばかり、けぶんの口に寄りたるものも、ものを吐きまどひあひて、死ぬべくこそあれ」と腹だちて、「言ひ責ためん」と思ひて来たれば、主(ぬし)の女を始めて、子どもも、みな物思えず、吐き散らして臥せりあひたり。いふかひなくて、とも帰りぬ。

二・三日も過ぎぬれば、誰々(たれたれ)も心地直りにたり。女、思ふやう、「みな米にならんとしけるものを、急ぎて食ひたれば、かく怪しかりけるなめり」と思ひて、残りをば、みな釣り付けて置きたり。

さて、月ごろ経て、「今はよくなりぬらん」とて、移し入れん料(れう)の桶ども具して、部屋に入る。嬉しければ、歯も無き口して、耳のもとまで一人笑みして、桶を寄せて移しければ、虻(あぶ)・蜂・むかで・とかげ・くちなはなど出でて、目鼻どもいはず、ひと身に取り付きて刺せども、女、痛さも思えず、ただ「米のこぼれかかるぞ」と思ひて、「しばし待ち給へ、雀よ。少しづつ取らん。少しづつ取らん」と言ふ。七つ・八つの杓(ひさこ)より、そこらの毒虫ども出でて、子どもをも刺し食ひ、女をば刺し殺してけり。

雀の、腰を打ち折られて、「ねたし」と思ひて、万(よろづ)の虫どもを語らひて、入れたりけるなり。隣の雀は、もと腰折れて、烏の食ひぬべかりしを養ひ生けたれば、「嬉し」と思ひけるなり。

されば、物羨(うらや)みは、すまじきことなり。

翻刻

今はむかし春つかた日うららかなりけるに六十斗の女のありけるか
虫うちとりてゐたりけりるに庭に雀のしありきけるを童部石を
とりて打たれはあたりて腰をうちおられにけり羽をふためかし/53ウy110
てまとふ程にからすのかけりありきけれはあな心うからすとりてんと
て此女いそきとりていきしかけなとして物くはす小桶に入てよるはおさ
む明れはこめくはせ銅薬にこそけてくはせなとすれは子とも孫
なとあはれ女なとしは老て雀かはるるとてにくみわらふかくて月比よ
くつくろへはやうやうおとりありくすすめのこころにもかくやしなひい
けたるをいみしくうれしうれしと思けりあからさまに物へいくとても
人に此すすめみよ物くはせよなといひ置けれは子まこなとあは
れなむてう雀かはるるとてにくみわらへともさはれいとおしけれは
とて飼ほとに飛ほとに成にけり今はよも烏にとられしとて外に
いてて手にすへて飛やするみんとてささけたれはふらふらととひて
いぬ女おほくの月比日比くるれはおさめ明れは物くはせならひ
てあはれや飛ていぬるよまた来やするとみんなとつれつれに思
ていひけれは人にわらはれけりさて廿日はかりになりて此女のゐ/54オy111
たる方にすすめのいたくなく声しけれはすすめこそいたく鳴くなれ
ありし雀のくるにやあらんとおもひていててみれは此雀也あはれに
わすれす来たるこそあはれなれといふほとに女の顔を打見て口
より露斗の物をおとしをくやうにして飛ひていぬ女なににかあらむ
雀のおとしていぬる物はとてよりて見れはひさこのたねをたた一おと
してをきたりもてきたる様こそあらめとてとりてもちたりあな
いみし雀の物えて宝にし給とて子ともわらへはさはれ植て見んとて
うへたれは秋になるままにいみしくおほくおいひろこりてなへての杓
にもにす大におほくなりたり女悦けうして里隣の人々もくはせ
とれにもとれにもつきもせすおほかりわらひし子孫もこれをあけ
くれ食てあり一里くはりなとしてはてにはまことにすくれて
大なる七八はひさこにせんと思て内につりつけてを
きたりさて月比へて今はよく成ぬらんとてみれはよくな/54ウy112
りにけりとりおろして口あけんとするにすこしをもしあやしけ
れともきりあけてみれは物ひとはた入たりなににかあるらんとて
うつしてみれは白米の入たる也思かけすあさましとおもひて大なる
物にみなうつしたるにおなしやうに入てあれはたたことにはあ
らさりけり雀のしたるにこそとあさましくうれしけれは物に
入てかくしをきてのこりの杓ともをみれはおなしやうに入て
ありこれをうつしうつしつかへはせんかたなく多かりさてまことに
たのしき人にそなりにける隣里の人も見あさみいみしき
事にうらやみけり此隣にありける女の子とものいふやうお
なし事なれと人はかくこそあれはかはかしき事もえしいて給
はぬなといはれて隣の女此女なのもとにきたりてさてもさてもこは
いかなりし事そ雀のなとはほのきけとよくはえしらねはもとあり
けんままにの給へといへはひさこのたねを一おとしたりし植たりし/55オy113
よりある事也とてこまかにもいはぬを猶ありのままにこまかにの
たまへとせつにとへは心せはくかくすへき事かはと思てかうかうこし
おれたる雀のありしを飼生たりしをうれしと思けるにや杓の種を
一もちて来りしをうへたれはかくなりたる也といへはそのたねたた一たへ
といへはそれに入たる米なとはまいらせん種はあるへきことにもあらす
さらにえなんちらすましとてとらせねは我もいかて腰おれたらん雀
見付てかはんとおもひて目をたててみれとこし折たる雀更にみえ
すつとめてことにうかかひみれはせとのかたに米のちりたるを食とて雀
のおとりありくを石をとりてもしやとてうてはあまたの中に
度々うてはをのつからうちあてられてえとはぬあり悦てよりて腰
よくうち折て後に取て物くはせ薬くはせなとして置たり一か徳を
たにこそみれましてあまたならはいかにたのしからんあの隣の女
にはまさりて子ともにほめられんと思て此内に米まきて/55ウy114
うかかひゐたれは雀ともあつまりて食にきたれは又うちうちしけれは
三打折ぬいまはかはかりにてありなんと思て腰折たる雀三斗
桶に取入て銅こそけてくはせなとして月比ふるほとにみなよく
成にたれは悦てとに取出たれはふらふらと飛てみないぬいみしき
わさしつとおもふ雀は腰うちおられてかく月比こめをきたるをよ
にねたしとおもひけりさて十日斗ありて此雀ともきたれは
悦てまつ口に物やくはへたるとみるにひさこのたねを一つつみ
なをとしていぬされはよとうれしくてとりて三ところにいそ
き植てけりれいよりもするすると生たちていみしく大になり
たりこれはいとおほくもならす七八そなりたる女えみまけて
みて子ともにいふやうはかはかしき事しいてすといひしかと我は
この隣の女にはまさりなんといへはけにさもあらなんとおもひたり
これはかすのすくなけれは米おほくとらんとてひとにもくはせす/56オy115
我もくはす子ともかいふやう隣の女なは里となりの人にも
くはせ我もくひなとこそせしかこれはまして三か種なり我も人
にもくはせらるへきなりといへはさもと思てちかき隣の人にもくは
せ我も子ともにももろともにくはせんとておほらかににてくふ
ににかき事物にもにすきわたなとのやうにて心ちまとふくひ
とくひたる人々も子ともも我も物をつきてまとふ程に隣の
人とももみな心ちをそんしてきあつまりてこはいかなる物をくはせ
つるそあなおそろし露斗けふんの口によりたるものもものをつき
まとひあひてしぬへくこそあれと腹たちていひせためんとお
もひてきたれはぬしの女をはしめて子とももみな物おほえすつき
ちらしてふせりあひたりいふかひなくてとも帰ぬ二三日もすき
ぬれはたれたれも心ちなをりにたり女おもふやうみな米に
ならんとしける物をいそきてくひたれはかくあやしかりけるなめり/56ウy116
と思てのこりをはみなつりつけてをきたりさて月比へて今
はよく成りぬらんとてうつしいれんれうの桶ともくしてへやに入
うれしけれははもなき口してみみのもとまてひとりえみして
桶をよせてうつしけれはあふはちむかてとかけくちなはなと
いてて目はなともいはすひと身にとりつきてさせとも
女いたさもおほえすたたこめのこほれかかるそと思てしはし
まち給へ雀よすこしつつとらんすこしつつとらんといふ七八のひさこより
そこらの毒虫とも出て子ともをもさしくひ女をはさしころ
してけり雀の腰をうちおられてねたしと思て万のむし
ともをかたらひて入たりける也隣の雀はもと腰おれてからす
の食ぬへかりしをやしなひいけたれはうれしとおもひけるなり
されは物うらやみはすましき事也/57オy117
1)
底本「とれにも」。諸本により訂正。
text/yomeiuji/uji048.txt · 最終更新: 2018/02/01 03:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa