Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第47話(巻3・第15話) 長門前司女、葬送の時本処に帰る事

長門前司女葬送時帰本処事

長門前司女、葬送時本処に帰る事

今は昔、長門前司といひける人の女二人ありけるが、姉は人の妻にてありける。妹はいとわかくて、宮仕ぞしけるが、後には家に居たりけり。わざとありつきたる男もなくて、ただ時々かようふ人などぞありける。高辻室町わたりにぞ、家はありける。

父母のなく成て、おくのかたには、姉ぞゐたりける。南のおもての西のかたなる妻土口にぞ、常に人にあひ、物などいふ所なりける。

廿七八ばかりなりける年、いみじくわづらひてうせにけり。「おくはところせし」とて、その妻戸口にてやがてふしたりける。さて、あるべき事ならねば、姉などしたてて、鳥部野へいていぬ。

さて「例の作法にとかくせん」とて、くるまよりとりおろすに、ひつ、かろがろとして、ふたいささかあきたり。あやしくて、あけてみるに、いかにもいかにも露物なかりけり。「道などにて、落などすべき事にもあらぬに、いかなる事にか」と、心えずあさまし。すべきかたもなくて、「さりとてあらんやは」とて、人々走帰て、「道にをのづからや」とみれども、あるべきならねば家へ帰ぬ。

「もしや」とみれば、此妻戸口にもとのやうにてうちふしたり。いとあさましくも、おそろしくて、したしき人々あつまりて、「いかがすべき」といひあはせさはぐ程に、夜もいたくふけぬれば、「いかがせん」とて、夜明て、又ひつに入て、このたびは、よく実にしたためて、「よさりいかにも」など、思てある程に、夕つかたみる程に、此櫃のふた、ほそめにあきたりけり。いみじくおそろしく、ずちなけれど、したしき人々、「ちかくてよくみん」とてよりてみれば、ひつぎよりいでて、又妻戸口に臥たり。

「いとあさましきわざかな」とて、又「かき入ん」とて、よろづにすれど、さらにさらにゆるがず。つちよりおひたる大木などを、ひきゆるがさんやうなれば、すべきかたなくて「ただここにあらんとてか」と思て、おとなしき人よりていふ、「ただ、ここにあらんとおぼすか。さらば、やがてここにもをきたてまつらん。かくては、いとみぐるしかりなん」とて、妻戸口の板敷をこぼちて、そこにおろさんとしければ、いとかろやかにおろされたれば、すべなくて、その妻戸口一間をいたじきなど、さりのけこぼちて、そこにうづみてたかだかと塚にてあり。家の人々も、さてあひゐてあらん、物むつかしくおぼえて、みなほかへわたりにけり。

さて年月へにければ、しんでんもみなこぼれうせにけり。いかなる事にか、この塚のかたはらちかくは、げすなどもえゐかず。「むつかしき事あり」と云つたへて、大かた人もえゐつかねば、そこはただそのつか一ぞある。高辻よりは北、宝町よりは西、高辻おもてに、六七間斗が程は小家もなくて、その塚一ぞたかだかとしてありける。

いかにしたる事にか、つかの上に神のやしろぞ一、いはひすへてあなる。此比も今にありとなん。

text/yomeiuji/uji047.txt · 最終更新: 2015/02/07 20:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa