ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji046

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:yomeiuji:uji046 [2018/03/08 21:20]
Satoshi Nakagawa [第46話(巻3・第14話) 伏見修理大夫俊綱の事]
text:yomeiuji:uji046 [2018/03/26 15:20] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-これも今は昔、伏見修理大夫((藤原俊綱))は宇治殿((藤原頼通))の御子にておはす。あまり公達多くおはしければ、やうをかへて、橘俊遠といふ人の子になし申して、蔵人になして、十五にて尾張守になし給ひてけり。+これも今は昔、伏見修理大夫((藤原俊綱・橘俊綱))は宇治殿((藤原頼通))の御子にておはす。あまり公達多くおはしければ、やうをかへて、橘俊遠といふ人の子になし申して、蔵人になして、十五にて尾張守になし給ひてけり。
  
 それに、尾張に下りて、国行ひけるに、そのころ、熱田神、いちはやくおはしまして、おのづから、笠をも脱がず、馬の鼻を向け、無礼をいたすものを、やがてたちどころに罰せさせ((「罸せさせ」は底本「罸せませ」。諸本により訂正。))おはしましければ、大宮司の威勢、国司にも勝りて、国の者ども、怖ぢ恐れたりけり。 それに、尾張に下りて、国行ひけるに、そのころ、熱田神、いちはやくおはしまして、おのづから、笠をも脱がず、馬の鼻を向け、無礼をいたすものを、やがてたちどころに罰せさせ((「罸せさせ」は底本「罸せませ」。諸本により訂正。))おはしましければ、大宮司の威勢、国司にも勝りて、国の者ども、怖ぢ恐れたりけり。


text/yomeiuji/uji046.txt · 最終更新: 2018/03/26 15:20 by Satoshi Nakagawa