Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第46話(巻3・第14話) 伏見修理大夫俊綱の事

伏見修理大夫俊綱事

伏見修理大夫俊綱の事

校訂本文

これも今は昔、伏見修理大夫1)は宇治殿2)の御子にておはす。あまり公達多くおはしければ、やうをかへて、橘俊遠といふ人の子になし申して、蔵人になして、十五にて尾張守になし給ひてけり。

それに、尾張に下りて、国行ひけるに、そのころ、熱田神、いちはやくおはしまして、おのづから、笠をも脱がず、馬の鼻を向け、無礼をいたすものを、やがてたちどころに罰せさせ3)おはしましければ、大宮司の威勢、国司にも勝りて、国の者ども、怖ぢ恐れたりけり。

それに、この国の司下りて、国の沙汰どもあるに、大宮司、「われは」と思ひて居たるを、国司とがめて、「いかに大宮司ならんからに、国にはらまれては、見参にも参らぬぞ」と言ふに、「前々(さきざき)さることなし」とて居たりければ、国司、むつかりて、「国司も国司にこそよれ。われに会ひては、かうは言ふぞ」とて、いやみ思ひて、「知らん所ども、点ぜよ」など言ふ時に、人ありて、大宮司に言ふ。「まことにも、国司と申すに、かかる人おはす。見参に参らせ給へ」と言ひければ、「さらば」と言ひて、衣冠に衣(きぬ)出だして、供の者ども三十人ばかり具して、国司のがり向ひぬ。

国司、出会ひ、対面して、人どもを呼びて、「きやつ、たしかに召しこめて、勘当せよ。神官といはんからに、国中にはらまれて、いかに奇怪をばいたす」とて、召し立てて、結ふほどに、こめて勘当す。

その時、大宮司、「心憂きことに候ふ。御神はおはしまさぬか。下臈の無礼をいたすだに、たちどころに罰せさせおはしますに、大宮司をかくせさせて御覧ずるは」と、泣く泣くくどきて、まどろみたる夢に、熱田の仰せらるるやう、「このことにおきては、われ、力及ばぬなり。そのゆゑは、僧ありき。法華経を千部読みて、われに法楽せんとせしに、百余部は読み奉りたりき。国のものども、貴がりて、この僧に帰依しあひたりしを、なんぢ、むつかしがりて、その僧を追ひ払ひてき。それに、この僧、悪心をおこして『われ、この国の守となりて、この答をせん』とて生まれ来て、今、国司になりてければ、われ、力及ばず。その先生の僧を俊綱といひしに、この国司も俊綱といふなり」と、夢におほせありけり。

人の悪心はよしなき事なりと。

翻刻

是も今はむかし伏見修理大夫は宇治殿の御子にておはすあまり
公達おほくおはしけれはやうをかへて橘俊遠といふ人の子になし/51オy105
申て蔵人になして十五にて尾張守になし給てけりそれに
尾張にくたりて国おこなひけるにその比熱田神いちはやく
おはしましてをのつから笠をもぬかす馬のはなをむけ無礼
をいたすものをやかてたち所に罰せませおはしましけれは大
宮司の威勢国司にもまさりて国の者共おちおそれたりけり
それにこの国の司くたりて国のさたともあるに大宮司われはと思てゐ
たるを国司とかめていかに大宮司ならんからに国にはらまれては
見参にもまいらぬそといふにさきさきさる事なしとてゐたりけれ
は国司むつかりて国司も国司にこそよれ我にあひてはかうはいふ
そとていやみ思てしらん所とも点せよなといふ時に人ありて大
宮司にいふまことにも国司と申すにかかる人おはす見参にまいらせ給
へといひけれはさらはといひて衣冠にきぬいたしてともの物とも丗
人はかりくして国司のかりむかひぬ国司出あひ対面して人とも/51ウy106
をよひてきやつたしかにめしこめて勘当せよ神官といはんからに
国中にはらまれていかに奇怪をはいたすとてめしたててゆふ程にこ
めて勘当すその時大宮司心うき事に候御神はおはしまさぬか下
臈の無礼をいたすたに立所に罰せさせおはしますに大宮司を
かくせさせて御らんするはとなくなくくときてまとろみたる夢に
あつたの仰らるるやう此事にをきては我ちから及はぬ也その故は
僧ありき法花経を千部よみて我に法楽せんとせしに百餘
部はよみたてまつりたりき国のものともたうとかりてこの僧に
帰依しあひたりしを汝むつかしかりてその僧を追はらひてき
それにこの僧悪心をおこして我この国の守となりてこの答を
せんとてむまれきて今国司になりてけれは我力をよはすその
先生の僧を俊綱といひしにこの国司も俊綱といふなりと
夢におほせありけり人の悪心はよしなき事なりと/52オy107
1)
藤原俊綱・橘俊綱
2)
藤原頼通
3)
「罸せさせ」は底本「罸せませ」。諸本により訂正。
text/yomeiuji/uji046.txt · 最終更新: 2018/03/26 15:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa