Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第43話(巻3・第11話)藤六の事

藤六事

藤六の事

校訂本文

今は昔、藤六1)といふ歌詠みありけり。下種の家に入りて、人もなかりける折を見付けて、入りにけり。

鍋に煮ける物を、すくひ食ひけるほどに、家あるじの女、水を汲みて、大路の方より来て見れば、かくすくひ食へば、「いかに、かく人もなき所に、いかでかくはする物をば参るぞ。あなうたてや。藤六にこそいましけれ。さらば、歌詠み給へ」と言ひければ、

  昔より阿弥陀仏のちかひにて煮ゆる物をばすくふとぞ知る

とこそ詠みたりけれ。

翻刻

今は昔とうろくといふ哥よみありけりけすの家にいりて人もなかり
けるおりを見つけて入にけりなへににける物をすくひくひける程に
家あるしの女みすをくみておほちのかたよりきてみれはかくすくひくへは
いかにかく人もなき所にいかてかくはする物をはまいるそあなうたてや
藤六にこそいましけれさらは哥よみ給へといひけれは
  むかしより阿弥陀仏のちかひにてにゆる物をはすくふとそしる
とこそよみたりけれ/49ウy102
1)
藤原輔相
text/yomeiuji/uji043.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa