Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第42話(巻3・第10話)同人、仏事の事

同人仏事事

同人、仏事の事

いまはむかし、伯のはは、仏くやうしけり。やうえん1)僧正をしやうじて、さまざまの物どもをたてまつる中に、むらさきにうすやうにつつみたる物ありけり。あけてみれば

朽にけるながらの橋のはしばしら法のためにもわたしつるかな

ながらのはしのきれなりけり。

又の日、まだつとめて、若狭あざりこくゑんといふ人に、哥よみなるひとがきたり。「あはれ、このことをききたるよ」と僧正おぼすに、ふところよりみやうぶをひきいでてたてまつる。

「この橋のきれ、給はらん」と申。僧正、「かばかりの希重の物はいかでか」とて、「なにしにかとらせ給はん。くちおし」とて、帰にけり。

すきずきしくあはれなる事どもなり。

1)
永縁カと傍書
text/yomeiuji/uji042.txt · 最終更新: 2014/09/28 13:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa