ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:yomeiuji:uji041

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
次のリビジョン
前のリビジョン
text:yomeiuji:uji041 [2017/12/12 00:41]
Satoshi Nakagawa
text:yomeiuji:uji041 [2017/12/21 00:06]
Satoshi Nakagawa [第41話(巻3・第9話)伯の母の事]
ライン 5: ライン 5:
  
 **伯の母の事** **伯の母の事**
 +
 +===== 校訂本文 =====
  
 今は昔、多気大夫(たけのたゆふ)((平惟幹))といふ者の、常陸より上りて、うれへするころ、向ひに越前守といふ人((高階成順))のもとに、逆修(ぎやくす)しけり。この越前守は、伯の母((神祇伯康資王の母))とて、世にめでたき人、歌詠みの親なり。妻は伊勢の太夫、姫君たちあまたあるべし。 今は昔、多気大夫(たけのたゆふ)((平惟幹))といふ者の、常陸より上りて、うれへするころ、向ひに越前守といふ人((高階成順))のもとに、逆修(ぎやくす)しけり。この越前守は、伯の母((神祇伯康資王の母))とて、世にめでたき人、歌詠みの親なり。妻は伊勢の太夫、姫君たちあまたあるべし。
ライン 30: ライン 32:
 常陸の守の「ありける常陸、四年が間のものは何ならず。その皮子の物どもしてこそ、よろづの功徳も何もし給ひけれ。ゆゆしかりける者どもの、心の大きさ、広さかな」と語られけるとぞ。 常陸の守の「ありける常陸、四年が間のものは何ならず。その皮子の物どもしてこそ、よろづの功徳も何もし給ひけれ。ゆゆしかりける者どもの、心の大きさ、広さかな」と語られけるとぞ。
  
-この伊勢の大夫の子孫は、めでたき幸ひ人、多く出で来給ひたるに、大姫の、かく田舎人になられたりける、あはれに心憂くこそ。+この伊勢の大夫の子孫は、めでたき幸ひ人、多く出で来給ひたるに、大姫の、かく田舎人になられたりける、あはれに心憂くこそ。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/yomeiuji/uji041.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:06 by Satoshi Nakagawa