Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第40話(巻3・第8話)樵夫哥の事

樵夫哥事

樵夫哥の事

今はむかし、木こりの山守によきをとられて、「わびし、心うし」と思ひて、つら杖うちつきておりける。山もりみて「さるべきことを申せ、とらせん」といひければ、

あしきだになきはわりなき世中によきをとられて我いかにせん

と、よみたりければ、山もり「返しせん」と思て「うううう」と、うめきけれど、えせざりけり。

さて、よきかへしとらせてければ、「うれし」と、思けりとぞ。

人はただ哥をかまへてよむべしとみえたり。

text/yomeiuji/uji040.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa