Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第40話(巻3・第8話)樵夫歌の事

樵夫哥事

樵夫歌の事

校訂本文

今は昔、木こりの、山守に斧(よき)を取られて、「わびし、心失し」と思ひて、つら杖うちつきて下りける。山守、見て、「さるべきことを申せ。取らせん」と言ひければ、

  悪しきだになきはわりなき世の中によきを取られてわれいかにせん

と、詠みたりければ、山守、「返しせん」と思ひて、「うう、うう」とうめきけれど、えせざりけり。

さて、斧返し取らせてければ、「嬉し」と思ひけりとぞ。

人はただ歌をかまへて詠むべしと見えたり。

翻刻

今はむかし木こりの山守によきをとられてわひし心うしと思ひてつら杖
うちつきておりける山もりみてさるへきことを申せとらせんといひけれは
  あしきたになきはわりなき世中によきをとられて我いかにせん
とよみたりけれは山もり返しせんと思てううううとうめきけれとえせ
さりけりさてよきかへしとらせてけれはうれしと思けりとそ人はたた
哥をかまへてよむへしとみえたり/47ウy98
text/yomeiuji/uji040.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa