Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第39話(巻3・第7話)虎の鰐取りたる事

虎ノ鰐取タル事

虎の鰐取りたる事

これも今は昔、筑紫の人、あきなひしに新羅に渡りけるが、あきなひはてて帰みちに、山の根にそひて、舟に水くみ入んとて、水の流出たる所に舟をとどめて水をくむ。其程、舟にのりたる物、舟ばたにゐて、うつふして海をみれば、山のかげうつりたり。たかき岸の三四十丈ばかりあまりたるうへに、虎つづまりゐて物をうかがふ。その影、水にうつりたり。

其時に、人々につげて、水くむ物をいそぎよびのせて、手ごとに櫓ををして、いそぎて舟をいだす。其時に虎おどりおりて舟にのるに、舟はとくいづ。とらはおちくる程のありければ、いま一丈ばかりを、えおどりつかで、海に落入ぬ。舟を漕て、いそぎて行ままに、此虎に目をかけてみる。

しばし斗ありて、虎、海よりいできぬ。をよぎてくがざまにのぼりて、汀にひらなる石のうへにのぼるをみれば、左のまへあしを、ひざよりかみ食きられて血あゆ。「鰐にくひきられたる也けり」と、みる程に、そのきれたる所を、水にひたしてひらがりおるを「いかにするにか」とみる程に、沖の方よりわに、虎のかたをさしてくるとみる程に、虎、右のまへ足をもて、わにの頭に爪をうちたてて、陸ざまになげあぐれば、一丈ばかり浜になげあげられぬ。のけざまになりてふためく。おとがひのしたを、おどりかかりて食て、二たび三たびばかりうちふりて、なへなへとなして、かたにうちかけて、手をたてたるやうなる岩の五六丈あるを、三の足をもちて、くだり坂をはしるごとくのぼりてゆけば、舟のうちなる物ども、これがしわざをみるに、なからは死入ぬ。

「舟に飛びかかりたらましかば、いみじき釼刀をぬきてあふとも、かばかり力つよく、はやからんにはなにわざをすべきぞ」と、おもふに、肝心うせて舟こぐ空もなくてなん、つくしには帰りけるとかや。

text/yomeiuji/uji039.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa