Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第39話(巻3・第7話)虎の鰐取りたる事

虎ノ鰐取タル事

虎の鰐取りたる事

校訂本文

これも今は昔、筑紫の人、商(あきな)ひしに新羅に渡りけるが、商ひ果てて帰り道に、山の根にそひて、舟に水汲み入れんとて、水の流れ出でたる所に舟をとどめて、水を汲む。そのほど、舟にのりたる者、舟ばたに居て、うつふして海を見れば、山の影映りたり。高き岸の、三・四十丈ばかりあまりたる上に、虎、つづまり居て、ものをうかがふ。その影、水に映りたり。

その時に人々に告げて、水汲む者を急ぎ呼び乗せて、手ごとに櫓(ろ)を押して、急ぎて舟を出だす。その時に、虎、踊り下(お)りて、舟に乗るに、舟はとく出づ。虎は落ち来るほどのありければ、今一丈ばかりを、え踊り着かかで、海に落ち入りぬ。舟を漕ぎて、急ぎて行くままに、この虎に目をかけて見る。

しばしばかりありて、虎、海より出で来ぬ。泳ぎて陸(くが)ざまに登りて、汀に平(ひら)なる石の上に登るを見れば、左の前足を、膝より噛み食ひ切られて、血あゆ。「鰐(わに)に食ひ切られたるなりけり」と見るほどに、その切れたる所を水に浸(ひた)して、平がりをるを、「いかにするにか」と見るほどに、沖の方より、鰐、虎の方を指して来ると見るほどに、虎、右の前足をもて、鰐の頭に爪をうち立てて、陸ざまに投げ上ぐれば、一丈ばかり浜に投げ上げられぬ。のけざまになりて、ふためく。おとがひの下を、踊りかかりて食ひて、二度(たび)、三度ばかりうち振りて、なへなへとなして、肩にうちかけて、手を立てたるやうなる岩の五・六丈あるを、三つの足をもちて、下り坂を走るごとく登りて行けば、舟の内なる者ども、これがしわざを見るに、なからは死に入りぬ。

「舟に飛びかかりたらましかば、いみじき釼・刀を抜きてあふとも、かばかり力強く、早からんには、なにわざをすべきぞ」と思ふに、肝心失せて、舟漕ぐ空もなくてなん、筑紫には帰りけるとかや。

翻刻

これも今は昔筑紫の人あきなひしに新羅に渡りけるかあきなひ
はてて帰みちに山の根にそひて舟に水くみ入んとて水の流出たる所に/46ウy96
舟をととめて水をくむ其程舟にのりたる物舟はたにゐてうつふして海を
みれは山のかけうつりたりたかき岸の三四十丈はかりあまりたるうへに虎つつまり
ゐて物をうかかふその影水にうつりたり其時に人々につけて水くむ物を
いそきよひのせて手ことに櫓ををしていそきて舟をいたす其時に虎
おとりおりて舟にのるに舟はとくいつとらはおちくる程のありけれはいま一丈
はかりをえおとりつかて海に落入ぬ舟を漕ていそきて行ままに此虎に
目をかけてみるしはし斗ありて虎海よりいてきぬをよきてくか
さまにのほりて汀にひらなる石のうへにのほるをみれは左のまへあしをひさ
よりかみ食きられて血あゆ鰐にくひきられたる也けりとみる程にそのきれ
たる所を水にひたしてひらかりおるをいかにするにかとみる程に沖の方より
わに虎のかたをさしてくるとみる程に虎右のまへ足をもてわにの頭に
爪をうちたてて陸さまになけあくれは一丈はかり浜になけあけられぬのけさまに
なりてふためくおとかひのしたをおとりかかりて食て二たひ三たひはかりうち/47オy97
ふりてなへなへとなしてかたにうちかけて手をたてたるやうなる岩の五六
丈あるを三の足をもちてくたり坂をはしることくのほりてゆけは
舟のうちなる物ともこれかしわさをみるになからは死入ぬ舟に飛かかり
たらましかはいみしき釼刀をぬきてあふともかはかり力つよくはやからん
にはなにわさをすへきそとおもふに肝心うせて舟こく空もなくて
なんつくしには帰りけるとかや/47ウy98
text/yomeiuji/uji039.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa