Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第38話(巻3・第6話)絵仏師良秀、家の焼くるを見て悦ぶ事

絵仏師良秀家ノ焼ヲ見テ悦事

絵仏師良秀、家の焼くるを見て悦ぶ事

校訂本文

これも今は昔、絵仏師良秀といふありける。家の隣より、火出で来て、風おし覆ひて責めければ、逃げ出でて、大路へ出でにけり。人の書かする仏もおはしけり。また、衣着ぬ妻子なども、さながら内に有けり。それも知らず、ただ逃げ出でたるをことにして、向ひのつらに立てり。

見れば、すでにわが家に移りて、煙、炎くゆりけるまで、おほかた、向ひのつらに立ちて、眺めければ、「あさましきこと」とて、人ども、来とぶらひけれど騒がず。「いかに」と、人言ひければ、向ひに立ちて、家の焼くるを見て、うちうなづて、時々笑ひけり。「あはれ、しつるせうとくかな。年ごろは悪(わろ)く書きたるものかな」と言ふ時に、とぶらひに来たる者ども、「こはいかに、かくては立ち給へるぞ。あさましきことかな。物の憑き給へるか」と言ひければ、「なんでふ、物の憑くべきぞ。年ごろ、不動尊の火焔を悪しく書けるなり。今見れば、『かうこそ燃えけれ』と、心得つるなり。これこそ、せうとくよ。この道を立てて、世にあらんには、仏だによく書き奉らば、百千の家も出で来なん。わたうたちこそ、させる能もおはせねば、物をも惜しみ給へ」と言ひて、あざ笑ひてこそ立てりけれ。

その後にや、「良秀がよぢり不動」とて、今に人々めであへり。

翻刻

是も今はむかし絵仏師良秀と云ありける家の隣より火出きて
風をしおほひてせめけれは逃出て大路へ出にけり人のかかする仏もおはし
けり又衣きぬ妻子なともさなから内に有けりそれもしらすたた逃いて/46オy95
たるをことにしてむかひのつらにたてりみれはすてに我家にうつりて煙ほのを
くゆりけるまて大かたむかひのつらに立てなかめけれはあさましきこと
とて人ともきとふらひけれとさはかすいかにと人いひけれはむかひに
たちて家のやくるをみてうちうなつて時々わらひけりあはれしつる
せうとくかな年比はわろくかきたる物かなと云時にとふらひにきたる者
共こはいかにかくては立給へるそあさましき事かな物のつき給へるかと
いひけれはなんてう物のつくへきそ年比不動尊の火焔をあしく書ける也
今みれはかうこそもえけれと心えつるなりこれこそせうとくよこの道を
たてて世にあらんには仏たによく書たてまつらは百千の家も出来なん
わたうたちこそさせるのうもおはせねは物をもおしみ給へと云ひてあさ
笑てこそたてりけれ其後にや良秀かよちり不動とて今に人々めてあへり/46ウy96
text/yomeiuji/uji038.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa