Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第38話(巻3・第6話)絵仏師良秀、家の焼くるを見て悦ぶ事

絵仏師良秀家ノ焼ヲ見テ悦事

絵仏師良秀、家の焼くるを見て悦ぶ事

是も今はむかし、絵仏師良秀と云ありける。家の隣より火出きて風をしおほひてせめければ、逃出て大路へ出にけり。

人のかかする仏もおはしけり。又、衣きぬ妻子なども、さながら内に有りけり。それもしらず、ただ逃いでたるをことにて、むかひのつらにたてり。

みれば、すでに我家にうつりて、煙ほのをくゆりけるまで、おおかたむかひのつらに立てながめければ、「あさましきこと」とて、人どもきとぶらひけれどさはがず。「いかに」と人いひければ、むかひにたちて、家のやくるをみて、うちうなづて、時々わらひけり。「あはれ、しつるせうとくかな。年比はわろくかきたる物かな」と云。

時に、とぶらひにきたる者共、「こはいかにかくては立給へる。あさましき事かな。物のつき給つるか」といひければ、「なんでう物のつくべきぞ。年比、不動尊の火焔をあしく書ける也。今みれば、かうこそもえけれと、心えつるなり。これこそ、せうとくよ。この道をたてて、世にあらんには、仏だによく書たてまつらば、百千の家も出来なん。わたうたちこそ、させるのうもおはせねば、物をもおしみ給へ」と云ひて、あざ笑ひてこそ立りけれ。

其後にや、良秀がよぢり不動とて、今に人々めであへり。

text/yomeiuji/uji038.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa