Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第34話(巻3・第2話)藤大納言忠家、物言ふ女放屁の事

藤大納言忠家物言女放尾事

藤大納言忠家、物言ふ女放屁の事

いまはむかし、藤大納言忠家といひける人、いまだ殿上人におはしましける時、びびしき色このみなりける女房と、物いひて夜ふくる程に、月はひるよりもあかかりけるにたへかねて、御すをうちかつぎて、なげしのうへにのぼりて、肩をかきて引よせられける程に、髪をふりかけて「あな、さまあし」といひて、くるめきける程に、いとたかくならしてけり。女房はいふにもたへず、くたくたとして、よりふしにけり。

此大納言「心うき事にもあひぬる物かな。世にありても何にかはせん。出家せん」とて、御すのすそをすこしかきあげて、ぬきあしをして「うたがひなく出家せん」とおもひて、二けんばかり行程に、「抑、その女房あやまちせんからに、出家すべきやうはある」と思ふ心又つきて、たたたたとはしりて、出られにけり。

女房はいかがなりけん。しらずとか。

text/yomeiuji/uji034.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa