Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第32話(巻2・第14話)柿の木に仏現ずる事

柿木ニ仏現スル事

柿の木に仏現ずる事

昔、延喜の御門御時、五条の天神のあたりに、大なる柿の木の実ならぬあり。その木のうへに、仏あらはれておはします。京中の人、こぞりてまいりけり。馬車もたてあへず、人もせきあへず、おがみののしる。

かくする程に五六日あるに、右大臣殿、心えずおぼし給けるあひだ「まことの仏の、世の末に出給べきにあらず。我行て心みん」とおぼして、日の装束うるはしくして、びりやうの車に乗て御後おほくぐして、あつまりつどひたる物どものけさせて、車かけはづして搨をたてて、木すゑをめもたたかず、あからめもせずしてまもりて、一時斗おはするに、此仏、しばしこそ花もふらせ、光をもはなち給けれ、あまりにあまりにまもられて、しわびて大なるくそとびの羽おれたる、土におちてまどひふためくを、童どもよりてうちころしてけり。おとどは「さればこそ」とて、帰給ぬ。

さて、時の人、此をとどを、いみじくかしこき人にておはしますとぞ、ののしりける。

text/yomeiuji/uji032.txt · 最終更新: 2014/09/28 01:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa