Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第31話(巻2・第13話)なりむら強力の学士に逢ふ事

ナリムラ強力ノ学士ニ逢事

なりむら強力の学士に逢ふ事

昔、なりむらといふ相撲ありけり。

時に国国の相撲ども、上あつまりて、相撲節まちける程、朱雀門にあつまりてすずみけるが、其辺あそび行に、大学の東門を過て南さまにゆかんとしけるを、大学の衆どももあまた東門に出てすずみたてりけるに、此相撲どもの過るを「とをさじ」とて、「なりせいせん。なりたかし」といひて、たちふたがりてとをさざりければ、さすがにやごつなき所の衆どものする事なれば、破てもえとをらぬに、たけひきらかなる衆の、冠、うへのきぬ、こと人よりは少よろしきが、中中すぐれて出立て、いたく制するが有けるを、なりむらはみつめてけり。「いざいざ帰なん」とて、もとの朱雀門に帰ぬ。

そこにて云、「此大学の衆にくきやつどもかな。何の心に我らをばとをさじとはするぞ。ただとをらんと思つれどもさもあれけふは通らで、あすとほらん、と思なり。たけひきやかにて、中に勝て『なりせいせん』といひて、『とほさじ』とたちふたがる男、にくきやつ也。あすとほらんにも、かならずけふのやうにせんずらん。なにぬし、その男の尻鼻、血あゆばかりかならずけたまへ」といへば、さいはるる相撲、わきをかきて、「をのれが蹴てんには、いかにもいかじ物を。嗷議にてこそいかめ」といひけり。「此尻けよ」といはるる相撲は、おぼえある力、こと人よりはすぐれ、走とくなどありけるをみて、なりむらもいふなりけり。さてその日は各家家に帰りぬ。

又の日になりて、昨日まいらざりし相撲など、あまためしあつめて、人がちに成て、とほらんとかまふるを、大学の衆もさや心えにけん、昨日よりは人おほくなりて、かしましう、「なりせいせん」といひたてりけるに、此相撲ども、うちむれてあゆみかかりたり。昨日すぐれて制せし大学の衆、れいの事なれば、すぐれて大路中に立て、「すぐさじ」とおもふけしきしたり。

なりむら、しりけよといひつる相撲に目をくばせければ、此相撲、人よりたけたかく、大きにわかく、いさみたるをのこにて、くくりたかやかにかきあげて、さしすすみあゆみよる。それにつづきて、すまひも、ただとほりにとほらんとするを、かの衆どもも、とほさじとする程に、尻けんとする相撲、かくいふ衆にはしりかかりて、「けたをさん」と足をいたくもたげたるを、此衆はめをかけて、せをたはめてちがひければ、蹴はづして、足のたかくあがりて、のけざまになるやうにしたる足を大学の衆とりてけり。

そのすまひを、ほそき杖などを人の持たるやうにひきさげて、かたへのすまひに走かかりければ、それをみてかたへのすまひ逃けるを、追かけてその手にさげたる相撲をばなげければ、ふりぬきて二三段斗なげられて、たうれふしにけり。身くだけて、おきあがるべくもなく成ぬ。

それをばしらず、なりむらがあるかたざまへ走かかりければ、なりむらめをかけて逃けり。心もをかずをいければ、朱雀門の方ざまに走て、脇の門より走入を、やがてつめて走かかりければ「とらへられぬ」と、思て式部省の築地こえけるを、引とどめんとて、手を《さ》しやりたりけるに、はやく越ければ、こと所をばえとらへず。かた足すこしさがりたりけるきびすを、沓くはへながらとらへたりければ、沓のきびすに足の皮をとりくはへて、沓のきびすを刀にて切たるやうに引切てとりてけり。

なりむら築地の内にこえたちて足をみければ、血はしりてとどまるべくもなし。沓の踵きれてうせにけり。「我を追ける大学の衆、あさましく力ある物にて有けるなめり。尻けつる相撲をも人杖につかれてなげくだくめり。世中ひろければ、かかる物のあるこそ、おそろしき事なれ」投げられたるすまひは死入たりければ物にかき入て、になひてもてゆきけり。

此なりむら、かたのすけに、「しかしかのことなん候つる。かの大学の衆はいみじき相撲にさぶらふめり。なりむらと申ども、あふべき心ち仕らず」とかたりければ、かたのすけは宣旨申ぐして、式部のそうなりとも、その道にたへたらんはといふ事あれば。まして大学の衆は何条事かあらん」とていみじう尋求られけれども、その人ともきこえずしてやみにけり。

text/yomeiuji/uji031.txt · 最終更新: 2015/02/01 21:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa