Recent changes RSS feed

宇治拾遺物語

第30話(巻2・第12話)唐、卒都婆に血付く事

唐卒都婆ニ血付事

唐、卒都婆に血付く事

校訂本文

昔、唐土(もろこし)に大きなる山ありけり。その山の頂(いただき)に大きなる卒塔婆一つ建てりけり。

その山の麓(ふもと)の里に、年八十ばかりなる女住みけるが、日に一度、その山の峰にある卒塔婆を必ず見けり。高く大きなる山なれば、麓より峰へ登るほど、さがしく、はげしく、道遠かりけるを、雨降り、雪降り、風吹き、雷鳴り、しみ氷りたるにも、また、暑く、苦しき夏も、一日も欠かさず、必ず登りて、この卒塔婆を見けり。

かくするを、人え知らざりけるに、若き男ども、童部の、夏暑かりけるころ、峰に登りて、卒塔婆のもとに居つつ涼みけるに、この女、汗をのごひて、腰二重(ふたへ)なる者の、杖にすがりて、卒塔婆のもとに来て、卒塔婆を巡りければ、「拝み奉るか」と見れば、卒塔婆をうち巡りては、すなはち、帰り帰りすること、一度にもあらず。あまた度(たび)、この涼む男どもに見えにけり。

「この女は、何の心ありて、かくは苦しきにするにか」と怪しがりて、「今日見えば、このことを問はん」と言ひ合ひけるほどに、常のことなれば、この女、はうはう登りけり。

男ども、女に言ふやう、「わ女は、何の心によりて、われらが涼みに来るだに、暑く、苦しく、大事なる道を、『涼まん』と思ふによりて登り来るにこそあれ、涼むこともなし、別にすることもなくて、卒塔婆を見巡るをことにて、日々に登り降るるこそ、怪しき女のしわざなれ。このゆゑ知らせ給へ」と言ひければ、この女、「若きぬしたちは、げに『怪し』と思ひ給ふらん。かく詣で来て、この卒塔婆見ることは、このごろのことにしも侍らず。物の心知り始めてより後、この七十余年、日ごとにかく登りて、卒塔婆を見奉るなり」と言へば、「そのことの怪しく侍るなり。そのゆゑをのたまへ」と問へば、「おのれが親は、百二十にてなん失せ侍りにし。祖父は百三十ばかりにてぞ失せ給へりし。それがまた、父・祖父などは二百余ばかりまでぞ、生きて侍りける。その人々の言ひ置かれたりけるとて、『この卒塔婆に血の付かん折になん、この山は崩れて、深き海となるべき』となん、父の申しおかれしかば、『麓に侍る身なれば、山崩れなば、うち覆はれて死にもぞする』と思へば、『もし血付かば、逃げて退(の)かん』とて、かく日ごとに見侍るなり」と言へば、この聞く男ども、をこがり、嘲(あざけ)りて、「恐しきことかな。崩れん時は告げ給へ」など笑ひけるをも、われを嘲りて言ふとも心得ずして、「さらなり。いかでかは、『われ一人逃れん』と思ひて、告げ申さざるべき」と言ひて帰り下(くだ)りにけり。

この男ども、「この女は今日はよも来じ。明日、また来て見んに、脅して走らせて笑はん」と言ひ合ひて、血をあやして、卒塔婆によく塗り付けて、この男ども、帰り降りて、里の者どもに、「この麓なる女の、日ごとに峰に登りて、卒塔婆見るを、怪しさに問へば、しかじかなん言へば、『明日、脅して走らせん』とて、卒塔婆に血を塗りつるなり。さぞ崩るらんものや」など言ひ笑ふを、里の者ども聞き伝へて、をこなることのためしに引き、笑ひけり。

かくて、またの日、女、登りて見るに、卒塔婆に血のおほらかに付きたりければ、女、うち見るままに、色をたがへて、倒(たふ)れまろび、走り帰りて、叫び言ふやう、「この里の人々、とく逃げ退(の)きて、命生きよ。この山は、ただ今崩れて、深き海となりなんとす」と、あまねく告げまはして、家に行きて、子孫どもに、家の具足ども負(お)ほせ持たせて、おのれも持て、手まどひして、里移りしぬ。

これを見て、血付けし男ども、手を打ちて笑ひなどするほどに、そのことともなく、ざざめき、ののしりあひたり。「風の吹き来るか、雷の鳴るか」と怪しむほどに、空もつつ闇になりて、あさましく、恐しげにて、この山、揺ぎたちにけり。「こはいかに。こはいかに」とののしりあひたるほどに、ただ崩れに崩れもてゆけば、「女はまことしけるものを」など言ひて逃げ、逃げ得たる者もあれども、親の行方も知らず、子をも失なひ、家の物の具も知らずなどして、をめき叫び合ひたり。この女一人ぞ、子・孫も引き具して、家の物の具、一つも失なはずして、かねて逃げ退きて、静かに居たりける。

かくてこの山みなくづれて、ふかき海と成にければ、これをあざけり笑し物どもは、皆死けり。あさましき事なりかし。

翻刻

むかしもろこしに大なる山ありけりその山のいたたきに大なる卒都婆
一たてりけりそのやまの麓の里に年八十斗なる女住けるか日に
一度その山のみねにある卒塔婆をかならす見けりたかく大なる山な
れは麓よりみねへのほるほとさかしくはけしく道遠かりけ
るを雨ふり雪ふり風ふき雷なりしみ氷たるにも又あつくく
るしき夏も一日もかかさすかならすのほりて此卒塔婆を見けり/37ウy78
かくするを人えしらさりけるに若き男とも童部の夏あつかりける比
峰にのほりて卒塔婆のもとに居つつすすみけるに此女あせをのこ
ひて腰ふたへなる者の杖にすかりてそとはのもとにきてそとはをめくりけれは
おかみたてまつるかとみれはそとはをうちめくりては則帰帰する事一度
にもあらすあまたたひ此すすむ男ともにみえにけり此女は何の心ありて
かくはくるしきにするにかとあやしかりてけふみえは此事をとはんといひ
合ける程に常の事なれは此女はうはうのほりけり男とも女にいふやうわ
女は何の心によりて我らかすすみにくるたにあつくくるしく大事なる道を
すすまんとおもふによりてのほりくるにこそあれすすむ事もなし
別にする事もなくてそとはをみめくるを事にて日々にのほりおるるこそ
あやしき女のしわさなれ此ゆへしらせ給へといひけれは此女わかきぬしたち
はけにあやしと思ひ給らんかくまうてきて此そとはみる事は此比の事に
しも侍らす物の心しりはしめてより後此七十余年日ことにかくのほりてそとはを/38オy79
見たてまつる也といへはその事のあやしく侍なりそのゆへをのたまへととへは
をのれか親は百廿にてなんうせ侍にし祖父は百卅斗にてそうせ給へ
りしそれか又父祖父なとは二百余斗まてそいきて侍けるその人々の
いひをかれたりけるとて此卒塔婆に血のつかんおりになん此山はくつれてふ
かき海となるへきとなん父の申をかれしかは麓に侍る身なれは山崩なは
うちおほはれて死もそすると思へはもし血つかは逃けてのかんとてかく日毎
に見侍なりといへは此きく男ともおこかりあさけりておそろしき事哉崩ん
時は告給へなと笑けるをも我をあさけりていふとも心えすしてさら也
いかてかは我独逃んと思て告申ささるへきといひて帰くたりにけり此男
とも此女はけふはよもこしあす又きてみんにおとしてはしらせてわらはん
といひ合て血をあやしてそとはによくぬりつけて此男共帰おりて
里の物ともに此麓なる女の日ことに峰にのほりてそとはみるをあやし
さにとへはしかしかなんいへはあすおとしてはしらせんとてそとはに血を塗つる也/38ウy80
さそくつるらんものやなといひ笑を里の物ともきき伝ておこなる
事のためしにひき笑けりかくて又の日女のほりてみるにそとはに血のお
ほらかに付たりけれは女うちみるままに色をたかへてたうれまろひはしり
帰てさけひいふやう此里の人々とくにけのきて命いきよ此山はたた
今崩てふかき海となりなんとすとあまねく告まはして家に行て
子孫共に家の具足ともおほせもたせてをのれも持て手まとひして
里うつりしぬ是をみて血つけし男とも手を打て笑なとする程
にその事ともなくささめきののしりあひたり風のふきくるか雷のなる
かとあやしむ程に空もつつやみに成てあさましくおそろしけにて此山
ゆるきたちにけりこはいかにこはいかにとののしりあひたる程にたたくつれに崩もて
ゆけは女はまことしける物をなといひてにけにけえたる物もあれとも親の
ゆくゑもしらす子をもうしなひ家の物の具もしらすなとしておめ
きさけひあひたり此女ひとりそ子まこも引くして家の物の具一もうし/39オy81
なはすしてかねて逃のきてしつかにゐたりけるかくてこの山み
なくつれてふかき海と成にけれはこれをあさけり笑し
物ともは皆死けりあさましき事なりかし/39ウy82
text/yomeiuji/uji030.txt · 最終更新: 2017/12/21 00:01 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa